北村正裕BLOG

【北村正裕のナンセンスダイアリー】童話作家&シンガーソングライター、北村正裕のブログです。 トラックバック送信のさいには、当ブログ該当記事へのリンクをお願いします。また、コメントは投稿できない設定になっています。 執筆情報用ホームページ(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋) http://masahirokitamura.my.coocan.jp/ と、音楽情報用HP(北村正裕アート空間) http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ もよろしく。 ツイッターアカウントは「@masahirokitamra」です。

NBAバレエ団の公演

3月13日に、所沢ミューズでのNBAバレエ団の安達哲治版「くるみ割り人形」の公演を見てきました(14:00開演)。
ホームページのバレエ&オペラのコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/swanlake.htm
に、観劇レポートを掲載しました。演出については、そちらに詳しく書きましたが、牧阿佐美バレエ団のカーター版も、東京シティ・バレエ団の有馬五郎版も見られなくなってしまっている今、NBAバレエ団の「くるみ」は、東京近辺のバレエ・ファンにとって、貴重なプロダクションだと思いました。

このバレエ団の公演を見るのは、今回が初めてだったのですが、子役を含めて、ダンサーの質の高さも感じられ、このような優秀なバレエ団の存在を確認できたことが、僕にとっては、今回の、最大の収穫だったと思います。バレエ団のホームページを見ると、このバレエ団は、今回の安達版「くるみ」とは別に、イワーノフ原典版の復元上演をやったこともあるとのことなので、再演されることがあったら、是非、見てみたいと思います。また、それ以外でも、今後に期待が持てそうなバレエ団だと思いました。
今年1月には、ヴィハレフによる復元版「コッペリア」の上演をやったようですが、マリインスキー劇場でプティパ作品の復元を手がけているヴィハレフによる復元ということは、多分、サン=レオン版(パリ初演版)の復元ではなく、プティパ版(マリインスキー劇場版)の復元でしょう。それであれば、2003年11月に、ロシア国立ノボシビルスクバレエの日本公演で披露されたものと、基本的には同じものだったのではないかと想像しています。しかし、それでも、以前テレビ放映されたキーロフ・バレエの舞台(92年収録、ヴィノグラードフ版)は、かなり改変されたものでしたから、より原典版に近いプロダクションをレパートリーに持つことの意味は大きいと思います。

なお、央さんのブログの、
http://www.stage-door.net/blognplus/index.php?e=7
に、このNBAバレエ団による今年1月30日の「コッペリア」の公演の感想、レポート記事があります。

ノイマイヤー版「眠り」公演関係のブログ記事

先日、当ブログの
http://blog.drecom.jp/masahirokitamura/archive/7
にも書いたように、NHKホールでのハンブルク・バレエによるノイマイヤー版「眠れる森の美女」の公演の僕の観劇レポートは、HPのバレエ&オペラコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/swanlake.htm
に掲載していますが、その後、今回の「眠り」の公演ツアーの感想、レポートのブログ記事を、いくつか見つけました。

くーてんさんのブログの
http://plaza.rakuten.co.jp/cutentag/diary/200502170000/
には、僕が見たのと同じ2月17日昼の公演の感想、レポートがあります。
シマリスさんのブログの
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2005/02/21718.html
には、同日夜の公演の感想、レポートがあります。
sega(K)さんのブログの
http://still_life.typepad.jp/blog/2005/01/2005127.html
には、1月27日の神奈川公演の感想、レポートがあります。

セミステージ形式「夕鶴」公演関係のブログ記事

先日、当ブログの
http://blog.drecom.jp/masahirokitamura/archive/7
にも書いたように、セミステージ形式によるオペラ「夕鶴」の公演ツアー(鮫島有美子主演)のうち、僕が見た2月16日の東京オペラシティでの公演の観劇レポートは、HPのバレエ&オペラコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/swanlake.htm
に掲載していますが、その後、今回の公演ツアーのうち、2月13日の江戸川区総合文化センターでの公演の感想、レポートのブログ記事を見つけました。

あみーずさんのブログの
http://plaza.rakuten.co.jp/amiyasjp/diary/200502130000/
と、
kzzzoさんのブログの
http://blog.so-net.ne.jp/kzzzo/2005-02-17
に、それぞれの感想、レポートがあります。

「夕鶴」「眠り」2日続きの贅沢

先日、2月16日には、東京オペラシティでのオペラ「夕鶴」のセミステージ形式による公演。続く、17日(昼)には、NHKホールでのハンブルク・バレエによるノイマイヤー版「眠れる森の美女」の公演と、2日続きで、贅沢な観劇を楽しませていただきました。どちらも、ホームページのバレエ&オペラのコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/swanlake.htm
に、観劇レポートを掲載しました。

ところで、観劇に出かけている間に、三一書房の編集者からメールが届いていて、2001年刊の著書『エヴァンゲリオン解読』の3度めの増刷(4刷)が決定したとのことです。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の完結編の映画が公開されたのが、1997年7月ですから、それから、もう、8年近く経っているわけですが、このアニメは、一時のブームで終わらせるのは、あまりにもったいないと感じさせる希有の傑作だと思います。2003年には、音質などを改良したリニューアル版のDVDソフトも出たことですし、今後も、永く、多くの人たちを感動させ続けるのではないでしょうか。作品の見方は、人それぞれでしょうが、僕の解釈本が、読者の方にとって、新しい「エヴァンゲリオン」の見方、味わい方のきっかけになればさいわいです。

『エヴァンゲリオン解読』の紹介は、ホームページの中のエヴァンゲリオンコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva.htm
の中の「『エヴァンゲリオン解読』出版情報」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-kaidoku.htm
に掲載しています。

バレエ「白鳥の湖」のお薦め舞台

バレエ「白鳥の湖」を初めて見るという場合に、どのバレエ団の舞台が良いでしょうか?という質問を、最近、直接受けたり、ネット上の掲示板で見かけたりすることがありますが、東京近辺の方になら、まずは、牧阿佐美バレエ団のウェストモーランド版がお薦めです。このヴァージョンは、英国ロイヤルバレエに伝わる伝統的な舞台を土台にしていて、ストーリー、パントマイムとも、基本的には、1895年のプティパ・イワノフ版(事実上の原典版)に忠実であり、「白鳥の湖」の基本を味わうことができます。音楽は、1895年版と、完全に同じではありませんが、そもそも、1895年版が、チャイコフスキーの原曲通りではなく、「白鳥の湖」以外の曲が挿入されていたりしていたのに対して、牧阿佐美バレエ団のウェストモーランド版は、そうした曲を排除して、むしろ、原曲に近づけています。
一方、海外のバレエ団で、しばしば日本公演を行っているバレエ団の中では、ムソルグスキー記念サンクトペテルブルク国立バレエ団(レニングラード国立バレエ団)のボヤルチコフ版が、1895年版に近い舞台を見せてくれます。このボヤルチコフ版は、ストーリー、音楽ともに、ほとんど、1895年版そのものであり、一見の価値があります。ただ、残念なのは、他の、多くのロシアのバレエ団同様、第2幕で、オデットが、自分の身の上を語るパントマイムが削除されていることです。それに対して、英国ロイヤルバレエのダウエル版は、ロシアで途絶えながら、英国で引き継がれたマイムをしっかり見せてくれて、これまでに僕が見た舞台の中で、おそらく、もっとも1895年版に近いものだと思います。ダウエル版の「白鳥」の日本公演は、99年に行われましたが、貴重な体験でした。
今年、これから東京で予定されている公演では、Kバレエカンパニーの熊川哲也版もお薦め公演のひとつです。これは、基本的には、プティパ・イワノフ原典版に近く、さらに、冒頭にブルメイステル版に近いプロローグを加えたり、ラストは、船で昇天していくシーンと言うより、天国そのもののシーンのようになっていたりという改訂がされています。
ロシアでは、ソ連時代に、本来、悲劇であったはずの「白鳥の湖」が、いわゆるハッピーエンドに変えられてしまったようで、今でも、そのソ連版の伝統を引き継いでいる舞台が多いようで、僕には、味気ないものに思えます。日本のバレエ団でも、そうしたソ連版を引き継いでいるものが多く、僕には、残念なことだと思えます。

「白鳥の湖」については、HPの中のバレエ・オペラのコーナー「白鳥の湖への旅」
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/swanlake.htm
に、上記ダウエル版の観劇レポートなど、関連記事を掲載しています。また、同じく、HPの「著書紹介」のページには、著書「オデット姫とジークフリート王子のほんとうの物語」の紹介記事もあります。

なお、QOOさんのブログの
http://dancinqoo.jugem.jp/?eid=30
の記事に、2005年1月8日の「牧阿佐美バレエ団」の公演のレポートが載っています。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: