北村正裕BLOG

【北村正裕のナンセンスダイアリー】童話作家&シンガーソングライター、北村正裕のブログです。 執筆情報用ホームページ(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋) http://masahirokitamura.my.coocan.jp/ と、音楽情報用HP(北村正裕アート空間) http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ もよろしく。 ツイッターアカウントは「@masahirokitamra」です。

絵本『やまのかいしゃ』(スズキコージ/作、片山健/絵、架空社刊)について

僕は、童話の創作活動をしている関係で、挿絵というものには、当然、関心はありますが、絵本についての知識はほとんど持っていないのが現状です。しかし、架空社から1991年に出た『やまのかいしゃ』という絵本(スズキコージ=作、片山健=絵)の存在を昨年になって知り、そのユニークさに感銘を受けました。そして、このようなナンセンス絵本を出している出版社の存在そのものにも感銘を受けました。
http://blog.drecom.jp/masahirokitamura/archive/13に書いた、先日の架空社の社長さんとの絵本の出版を視野に入れた話し合いの機会も、このことが、ひとつのきっかけでした。

さて、その『やまのかいしゃ』の物語ですが、
いかにも落ちこぼれ社員風といった感じのほげたさんが、ある日、出勤のために電車に乗ると、なぜか、電車は、会社とは反対の山の方へ向かっていきます。おまけに、かばんとめがねも忘れてきたことに気づきます。終点の山奥の駅で降りたほげたさんは、「きょうは、やまのかいしゃへいこう」と勝手に決めて、山道を登って行き、途中で、ほいさくんとも合流して、ふたりで、山の頂上にたどり着きます。そこが「やまのかいしゃ」だと決めたふたりは、「むせんでんわ」で、「まちのかいしゃ」に電話までかけ、まちの社員たちも、一度は、「やまのかいしゃ」へやってきますが、やがて、ふたりを残してまちに帰っていきます。そして、「いまでも、ほげたさんと、ほいさくんは、やまのちょうじょうで、げんきにやっています」と結ばれます。
ラストのページの絵は、星空を背景にした、山の上のふたりのシルエットですが、こうなると、単に、会社をクビになったというより、天国行きという雰囲気さえ感じられます。そういえば、白い衣装の社長さんは、なにやら、神様風です。そして、"天国"から見れば、「まちのかいしゃ」のあくせくとした営みのなんとむなしいことか!もしかして、そんな世界が普通に見えてしまうめがねを忘れたことで、ほげたさんには、やっと、本当の自分の生活が見えたのかもしれませんね。あるいは、神様風の社長さんに連れられてまちに戻って行った社員たちの方が天国行きなのでしょうか?
車窓から見える、遠ざかる町の風景も、よく見ると、ビルの上に、大きなさるのような怪獣(?)がしがみついていたりして、異様です。電車のつり広告には、「ススキーノ・コジ氏の大予言」と書かれたものもあるといった、お遊びもあります。
この絵本は、1991年に出たものですが、文章の初出は、"母の友"(福音館書店)1986年9月号とのことなので、「むせんんでんわ」なんて、斬新ですね。余談ですが、その「ダイヤルをまわす」という表現とのギャップも、今読むと時代を感じます。ところが、絵の方は、どう見てもプッシュ式です。
とにかく、インパクトのある絵本です。

なお、最近のブログ記事のうち、『やまのかいしゃ』に関する記述があるものには、
banbiblogさんの「バンビの独り言」というブログの
http://blog.goo.ne.jp/banbiblog/e/26618fe9f2ef7ab170c7eca1e336c55a

だまさんの「シネマトカピクニック」というブログの
http://picnicine.no-blog.jp/tips/2005/07/post_ef21.html
があります。

絵本の出版を視野に、架空社の社長さんと話し合い

先月、7月23日(土)、架空社の社長さんと、絵本の出版を視野に入れての話し合いをしました。まだ、話が具体化しているわけではありませんが、前もってお送りしてあった僕の創作原稿をもとに、社長さんが、年末くらいまでを目処に、絵本向きに修正案を考えてくださるとのことで、その修正案を僕が受け入れれば、企画としてスタートできるだろうとのことで、僕としても、その修正案を待つことにしました。
そういうわけで、年末から年始にかけて、もしかしたら、具体的な企画について、このブログサイトでもご報告できるかもしれません。
なお、現在、架空社の公式ホームページはありませんが、来年、作る予定だそうです。
ところで、この日、話し合いの最中に地震があり、事務所内に積み上げられた本の山のいくつかが崩れて、社長さんは、かなりあわてておられました。架空社の事務所は、西武新宿線沿線で、帰りは、高田馬場までは問題なく戻れましたが、そこから、山手線が地震の影響で止まってしまっていました。僕の自宅は、目白駅からなら徒歩約15分なのですが、やむを得ず、高田馬場から徒歩で帰宅。それでも、一駅分余計に歩く程度で済んだので、まあ、いいほうだったかもしれませんね。

当ブログへのトラックバックについて

当ブログへトラックバックを送信される際には、送信元の記事ページからこちらのブログへのリンクを張っていただきますようお願いします。リンクの確認できないトラックバックは、原則として削除しますので、ご承知おきください。

エヴァンゲリオンとクレヨンしんちゃん

昨年12月19日に、テレビアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(通称=こち亀)が最終回を迎えた際、アニメの話題ということで、ホームページの「雑記帳」のページに、2000年公開のアニメ映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」のビデオ(DVD)を、2003年の夏に見て、「夕焼けの町」の美しいシーンに感動したということを書きました。少し引用しておきますと、

「物語は、一応、"郷愁"の誘惑を振り切って現実に帰還する物語にはなっていますが、そんな一言では割り切れない、深みのある作品で、むしろ、物語の中で"振り切られる"ことで、視聴者にとっては、郷愁の誘惑が、かえって増強されることになり、いわば禁断の美や、破滅への憧れを歌っているように、僕には思えて、そこが感動的でした。一見、現実主義的でありながら、決してそうではなく、少なくとも、現実肯定の作品でないことは確かだと思います」

と、書きました。さらに、当時公開されたばかりだった宮崎駿監督の「ハウルの動く城」も、「オトナ帝国」や、あるいは「新世紀エヴァンゲリオン」に比べると、物足りなさも否定できないと書き、

「恐らく、それは、宮崎アニメが、破滅の美を求める作品でないからでしょう。そもそも、こういう比較は、比較の相手が特別すぎるかもしれませんね」

と、書いたわけですが、実際、「エヴァンゲリオン」と「オトナ帝国」は、アニメの傑作中の傑作で、双璧と言ってもよさそうだと思っていたのですが、今年3月にNHKのBS2で4夜連続で放送された「BSアニメ夜話」という番組では、なんと、初日に「新世紀エヴァンゲリオン」、2日目に、「クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲」が取り上げられたようです。

番組の方は、僕は、時間的余裕もなかったこともあり、結局、見ませんでしたが、番組に関するブログ記事がいくつか見つかっていますので、紹介しておきます。

a_beeさんの「とりあえずブスコパン!」というブログの
http://light-otaku.cocolog-nifty.com/fuga/2005/03/post_25.html
などに、「エヴァンゲリオン」の回についての記事が、
また、
浮島(うきしま)さんの「凡ての道はガンダムに通ず」というブログの
http://blog.livedoor.jp/silver_lining1213/archives/17605833.html
や、
"cinema+diary"というブログの
http://blog.so-net.ne.jp/cinemadiary/2005-03-30
には、「オトナ帝国」の回についての記事があります。

なお、僕のHPの「エヴァンゲリオン」のコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva.htm
には、『エヴァンゲリオン解読』(2001年刊)出版前に書いた、謎解き、解釈論関係のエッセイなどを、現在でも掲載しています。
また、『エヴァンゲリオン解読』の情報は、
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-kaidoku.htm
に掲載しています。

NBAバレエ団の公演

3月13日に、所沢ミューズでのNBAバレエ団の安達哲治版「くるみ割り人形」の公演を見てきました(14:00開演)。
ホームページのバレエ&オペラのコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/swanlake.htm
に、観劇レポートを掲載しました。演出については、そちらに詳しく書きましたが、牧阿佐美バレエ団のカーター版も、東京シティ・バレエ団の有馬五郎版も見られなくなってしまっている今、NBAバレエ団の「くるみ」は、東京近辺のバレエ・ファンにとって、貴重なプロダクションだと思いました。

このバレエ団の公演を見るのは、今回が初めてだったのですが、子役を含めて、ダンサーの質の高さも感じられ、このような優秀なバレエ団の存在を確認できたことが、僕にとっては、今回の、最大の収穫だったと思います。バレエ団のホームページを見ると、このバレエ団は、今回の安達版「くるみ」とは別に、イワーノフ原典版の復元上演をやったこともあるとのことなので、再演されることがあったら、是非、見てみたいと思います。また、それ以外でも、今後に期待が持てそうなバレエ団だと思いました。
今年1月には、ヴィハレフによる復元版「コッペリア」の上演をやったようですが、マリインスキー劇場でプティパ作品の復元を手がけているヴィハレフによる復元ということは、多分、サン=レオン版(パリ初演版)の復元ではなく、プティパ版(マリインスキー劇場版)の復元でしょう。それであれば、2003年11月に、ロシア国立ノボシビルスクバレエの日本公演で披露されたものと、基本的には同じものだったのではないかと想像しています。しかし、それでも、以前テレビ放映されたキーロフ・バレエの舞台(92年収録、ヴィノグラードフ版)は、かなり改変されたものでしたから、より原典版に近いプロダクションをレパートリーに持つことの意味は大きいと思います。

なお、央さんのブログの、
http://www.stage-door.net/blognplus/index.php?e=7
に、このNBAバレエ団による今年1月30日の「コッペリア」の公演の感想、レポート記事があります。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: