北村正裕BLOG

【北村正裕のナンセンスダイアリー】童話作家&シンガーソングライター、北村正裕のブログです。 トラックバック送信のさいには、当ブログ該当記事へのリンクをお願いします。また、コメントは投稿できない設定になっています。 執筆情報用ホームページ(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋) http://masahirokitamura.my.coocan.jp/ と、音楽情報用HP(北村正裕アート空間) http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ もよろしく。 ツイッターアカウントは「@masahirokitamra」です。

世界観とは?(作風、作品イメージの意味?)

「CDジャーナル」5月号(4月20日発売)の「新譜試聴記」のコーナーに北村正裕ライブアルバム「宝石の作り方」のミニレビューが掲載され、WEB版にも出ました。
http://artist.cdjournal.com/d/-/4116021389
そのレビューに、
「宮沢賢治を彷彿とさせる、不思議な世界観を漂わす」
という一節がありますが、実は、最近、「世界観」という言葉が、本来の哲学的な意味ではなく、作家の作風とか、作品のイメージ、雰囲気といった軽い意味で多用されていることが気になっていたところだったので、とうとう、自分のCDの批評にまでこの言葉が登場してしまって、「ここまで来たか」という感じです。
例えば、「この世とあの世をつなぐ銀河鉄道を描いた宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』には彼の仏教的世界観が反映されている」というように使うのが、この言葉の本来の使い方でしょう。
「広辞苑」第四版を見ると、
「世界を全体として意味づける見方。人生観よりも包括的。単なる知的把握に止まらず、より直接的な情意的評価を含む。楽天主義・宿命論・宗教的世界観・道徳的世界観などの立場がある」
と、あります。
その「世界観」が、作家の作風等の意味で使われるようになったのは、それを考えるのが、芸術というもののひとつの役割であることに一因があるのかもしれないと想像したりもしていますが、それにしても、最近の、この言葉の使われ方には驚くばかりです。今回の「「CDジャーナル」5月号の「新譜試聴記」では、僕のCDの批評が出ているページ(P.108)の中だけでも、他のCDのレビューの中にも「世界観」という言葉が使われていて、しかも、それは、インストアルバムで、二つのレビューの執筆者は同じではありません。僕のCDのレビューの中の言葉は、「世界観が漂う」と、「漂う」の一言があるために、まだ、本来の意味を失っている使い方とは断言できませんが、中には、完全に、本来の意味を失ってしまっていると感じさせる使い方も見られます。「イメージ」と言ったほうがわかりやすいと思われるような使用例も多いように思います。良いとか悪いとかいう問題ではありませんが、みなさんは、どう、お感じでしょうか?

ところで、今回の僕のCD、歌詞カードの中にライブ写真が印刷されているので、その中の僕の風貌と音楽のイメージとがアンバランスだというのなら、充分納得なのですが、レビューでは、詩と音が「アンバランス」という表現になっていますね。そこ、「面白い」と言うほどアンバランスですか?まあ、「面白い」ということなら、それはそれでいいのですが。

言及されている歌唱技法は、多分、アルバム1曲目などのところどころで通常のビブラートより小さい振幅で声を揺らしながら歌っていることを指しているのだと思います。この技法は、全曲で使っているわけではありませんが、1曲目の表題曲の序盤で連発されているので、そこが、評者さんにとっての第一印象となったのかもしれません。

今後も、色々な、批評、感想、楽しみにしています。

〔音楽情報ホームページの中のリリース情報リンクのページ〕
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/release-l.html

〔ツイッターの関連ツイート〕
https://twitter.com/masahirokitamra/status/725963155872968705

【16. 5. 4追記】
以前、僕の「全然オッケー」という曲の歌詞に関連して、「全然+肯定形」について、音楽情報ホームページの中のページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/zenzen-ok.html
に書き、「全然+肯定形」は、間違いとか誤用とまでは言えないまでも、正統とは思えないといようなことを書きましたが、「世界観」という言葉を「作風」とか、「作品イメージ」とか「作品の雰囲気」といった意味で使う使い方についても、やはり、間違いとか誤用とまでは言えないまでも、違和感は否定できないというのが、今のところの僕の感想です。

ネット検索してみたところ、
「トガシユキのブログ」の2011年12月の記事
http://higashiyuki.at.webry.info/201112/article_12.html
の中に、「全然+肯定形」の話題があり、「世界観」の意味についても、少しだけ言及がありました。
また、「q.hatena」の2004年の書き込み
http://q.hatena.ne.jp/1079010355
に「世界観」という言葉の話題が出ているので、「作品の世界観」というような使い方は、遅くとも、すでに、このころには一般的になっていたようですね。

アルバムCD「宝石の作り方」発売

北村正裕アルバムCD「宝石の作り方」(商品番号=MKCD-1601)、本日(3月10日)発売です。

タワーレコード
http://tower.jp/item/4207787/

HMV
http://www.hmv.co.jp/artist_95_000000000375365/item_B9_6923254

等、全国のCDショップで注文できます。

Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B01BOKTASM/

等のネットショップでも購入できます。

2015年3月17日の、ライブハウス、鈴ん小屋(りんごや)でのライブ録音で、収録曲は、宝石の作り方/夕焼け雲/全然オッケー/乙女座の女の子/二人乗りの気球/また会おうね/猫と金魚(以上7曲、全曲、北村正裕作詞・作曲)。1月20日から、iTunesストア、Amazonデジタルミュージック等で配信されているライブアルバムアルバム「宝石の作り方」のCD化です。

3月14日(月)、池袋、鈴ん小屋(りんごや)でのライブは、CD発売後最初のライブ(いわゆる「レコ発ライブ」)となりますので、このライブの会場では、CDの割引販売も予定しています。
14日の鈴ん小屋(りんごや)でのライブは、19:30開演。
北村正裕出演時間は 21:30~22:05 (出演4組中4番目)の予定です。
終演後、22:05~バータイムとなります。
予約方法等は、鈴ん小屋のサイト
http://www.ringoya.org/
の中の3月のスケジュールのページ
http://www.ringoya.org/schedule.php?py=2016&pm=3&pd=1
の中の14日(月)の項目をご参照ください。

ライブ情報は、北村正裕ホームページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
の中のライブ情報のページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/live-s.html
に掲載しています。

ライブアルバム「宝石の作り方」配信開始記念絵はがき

北村正裕ライブアルバム「宝石の作り方」の配信開始を記念して配信ジャケット画像を使用した絵はがきを制作しました。ライブ会場等で無料配布する予定です。

hoseki-pc01pj
*クリックで拡大できます

1月20日の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52386882.html
にも書いた通り、ジャケット画像に使用した写真は、昨年(2015年)7月15日に、豊島区内で自分で撮影した目白通りの夕暮れの風景写真です。収録7曲中4曲の歌詞の中に「夕暮れ」または「夕焼け」という言葉がはいっていることもあり、この写真を使うことにしました。

また、このアルバムは、CDになり、「3月10日、全国発売」が決定しています。
CDは、現在、
タワーレコード
http://tower.jp/item/4207787/

HMV
http://www.hmv.co.jp/artist_95_000000000375365/item_B9_6923254

Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B01BOKTASM/
等で予約受付中です。

ライブ情報は、ホームページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
に掲載しています。

【16. 3.10追記】
3月14日(月)のライブ会場(池袋、鈴ん小屋)で、絵はがき無料配布する予定です。
14日の鈴ん小屋(りんごや)でのライブは、19:30開演。
北村正裕出演時間は 21:30~22:05 (出演4組中4番目)の予定です。
終演後、22:05~バータイムとなります。
予約方法等は、鈴ん小屋のサイト
http://www.ringoya.org/
の中の3月のスケジュールのページ
http://www.ringoya.org/schedule.php?py=2016&pm=3&pd=1
の中の14日(月)の項目をご参照ください。

ホームページ移転のお知らせ

二つのホームページのうち、
著書情報や、エッセイ等を掲載しているサイト
(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋)のURLが
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/
から
http://masahirokitamura.my.coocan.jp/

に変更になりました。

これにより、このブログの中の記事にあるリンク先のURLもかなり変更になってしまい、それらをすべて直すことはできませんが、最近1年間の記事の中にあるリンク先のいくつかのページの新URLを、ここに記しておきます。

15年3月の記事の中にある、パリ・オペラ座でのオペラ「ファウスト」(グノー作曲)の観劇レポートのページは、
http://masahirokitamura.my.coocan.jp/faust-paris2015.htm

15年4月の記事の中にある「安房直子作品集と収録作品」のページは、
http://masahirokitamura.my.coocan.jp/awa.htm

15年6月と8月の記事の中にある、「完本 エヴァンゲリオン解読」(北村正裕著、静山社文庫)の情報のページは、
http://masahirokitamura.my.coocan.jp/eva-kaidoku.htm

15年9月の記事の中にある、「エヴァンゲリオン基礎解説」のページは、
http://masahirokitamura.my.coocan.jp/eva-g.htm

15年10月の記事の中にある、エヴァンゲリオンのページは、
http://masahirokitamura.my.coocan.jp/eva.htm

です。

なお、音楽情報を掲載しているサイト(北村正裕アート空間)
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
のURLは、今のところ、変更の予定はありません。

ライブアルバム「宝石の作り方」配信発売

本日(1月20日)、北村正裕ライブアルバム「宝石の作り方」が配信発売となりました。2015年3月17日の、ライブハウス、鈴ん小屋(りんごや)でのライブ録音で、収録曲は、宝石の作り方/夕焼け雲/全然オッケー/乙女座の女の子/二人乗りの気球/また会おうね/猫と金魚(以上7曲、全曲、北村正裕作詞・作曲)、iTunes、Amazonデジタルミュージック、Google play music等で配信されています。アルバム価格は、Google play musicでは580円、iTunes、Amazonデジタル等、その他の配信ストアでは600円です。1曲ごとに購入すると割高になってしまうので、アルバム単位でのご購入をおすすめします。
音楽用ホームページ(北村正裕アート空間)
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
に情報掲載しています。

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/bao-shino-zuori-fang/id1071617466

Amazonデジタルミュージック
http://www.amazon.co.jp/dp/B01A2B0MG8/

レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1003672358/

等の配信ストアで購入できるほか、アップルやグーグルの定額配信サービスに加入されている方の場合は、ストリーミング配信で聴くこともできるはずです。

是非、聴いてみてください。

配信ジャケット画像の写真は、昨年(2015年)7月15日に、豊島区内で自分で撮影した目白通りの夕暮れの風景写真です。収録7曲中4曲の歌詞の中に「夕暮れ」または「夕焼け」という言葉がはいっていることもあり、この写真を使うことにしました。

hoseki-bp2

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: