北村正裕BLOG

【北村正裕のナンセンスダイアリー】童話作家&シンガーソングライター、北村正裕のブログです。 トラックバック送信のさいには、当ブログ該当記事へのリンクをお願いします。また、コメントは投稿できない設定になっています。 執筆情報用ホームページ(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋) http://masahirokitamura.my.coocan.jp/ と、音楽情報用HP(北村正裕アート空間) http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ もよろしく。 ツイッターアカウントは「@masahirokitamra」です。

安房直子さんの最高級メルヘン「ひぐれのひまわり」

「安房直子記念 ライラック通りの会」の発足については、昨年4月6日の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52362408.html
に書きましたが、その記事でも、特に気に入っている作品としてあげた「夏の夢」「ほたる」「ひぐれのひまわり」の3作品のうち、「ひぐれのひまわり」の朗読や挿絵展示などが、明日、17日の「ライラック通りの会」であるそうです。会のブログ記事
http://lilac-dori.hatenablog.com/entries/2015/11/23
に詳細が載っています。こちらのブログでの紹介が遅れてしまいましたが、本日16日までメールでの参加申し込みを受け付けるそうです。

「ひぐれのひまわり」は、安房さんの作品の中でも、特に、せつなさがきわだっている名作だと思います。物語は、「ひまわりは、ひぐれに夢をみるのです」という書き出しで始まります。「夢落ち」という言葉がありますが、この作品では、最初に「夢」だと書かれているのに、それが、だんだん、リアリティを感じさせるものになり、最後には、
「このできごとが、ひぐれの夢の中の事なのか、本当の事なのか、それとも
夢と現実のまじりあったものなのか、ひまわりには、わかりません。
わからないままに、ひまわりはその夏をすごし、
夏のおわりに、小さくしおれて枯れました」
と結ばれるのです。

川沿いを走る少年の夢を見続けるうち、物語の中で、ひまわりは、ひとりの生きた娘となり、少年といっしょに「あの町まで行けたらいいのに」と思うようになります。少年は、劇場の踊り子のところに通うために毎日走っていたのでしたが、ある日、踊り子を刺して逃げて来る少年を、ひまわりの娘はボートの中にかくまい、追ってきた人たちには別の方角を示して、少年を逃がすのです。そして、
「娘の心に、
言いようのないよろこびが、ゆっくりとわきあがって来ました」
と語られます。
これが、この世でのたったひとつの喜びだとでも言うようなひまわりの娘。不条理とでも言えるくらいにせつないこの物語には、比類のない不思議な美しさがあります。
安房さんが目を向けるのは、決して、社会とか価値観ではありません。むしろ、価値を認められないもの、あるいは、価値観でゆがめられる以前の世界なのかもしれません。あるいは、世界という概念にさえ、疑いを持っているようにも思えます。この世は、すべて、夢かもしれない。そんな思いが素直に表れている作品だと思います。

この「ひぐれのひまわり」は、
『安房直子 十七の物語 夢の果て』(2005年、瑞雲舎)
http://www.amazon.co.jp/dp/4916016580/
に収録されています。『夢の果て』というタイトルの安房さんの作品集は、ほかにもあるのでお間違いにならないよう、ご注意ください。現在、絶版になっていない作品集で、この作品が収録されているのは、多分、この瑞雲舎の本だけだと思います。また、この本には、名作「ほたる」も収録されています。絵は、味戸ケイコさんです。

ところで、先にも書いた、安房さんの作品の中でも特に気に入っている「夏の夢」「ほたる」「ひぐれのひまわり」の3作品は、いずれも夕暮れの物語ですね。実は、まもなく、シンガーソングライターとしての北村正裕ライブアルバム「宝石の作り方」がiTunes、Amazonデジタルミュージック等で配信発売となる予定なのですが、僕のこのアルバムの収録曲7曲のうち、4曲の歌詞の中に「夕暮れ」または「夕焼け」という言葉が出てくるので、アルバムジャケット画像には、自分で昨年撮影した夕暮れの風景写真を使うことにしたのですが、今回、改めて、安房さんの作品を振り返って、自分の「夕暮れ」好みに気付かされました。北村正裕ライブアルバム「宝石の作り方」の配信発売については、音楽用ホームページ(北村正裕アート空間)
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
に掲載します。

エヴァ20周年記念街頭上映会

10月4日、「新世紀エヴァンゲリオン第壱話」放送20周年記念の街頭ビューイングを、池袋のP'PARCOで見てきました。
20年前と同時刻に全国の街頭ビジョンで行われたもので、ニコニコ生放送とのコラボ。

当日は、ツイッターで「エヴァ20周年」の大量のツイートがあふれていて、そのいくつかがエヴァ公式アカウントでリツイートされ、「ありがとう」ツイートが連発されていました。
例えば、
https://twitter.com/evangelion_co/status/650504815894642688
のように。

P'PARCOでは、上映前に「ゆるしと」が登場。
オープニングで「20周年おめでとう」のテロップが出ると、観客から歓声が。
P'PARCOでは、上映の途中で壁面モニターに不具合が発生して映像が映らなくなってしまい、みなで、小型モニターの前に移動。僕の場合、さらに、建物内のモニターの前まで移動することになりましたが、特に混乱はありませんでした。係りの人たちが、車道にはみださないように交通整理をしていました。

eva20151004_0111
上映開始直前のP'PARCO前

eva20151004_0104
P'PARCO前、上映前に登場した「ゆるしと」

eva20151004_0112
オープニングテーマ開始

eva20151004_0120
大型ビジョン不具合のため、小型モニターの前に移動して迎えた上映終了

eva20151004_0119
上映終了時、画面に現れたテロップ、「これからも」

20年前の手帳を見たら、20年前のこの日は水曜でしたが、僕は、夜まで池袋で仕事して、ホテル・レイというビジネスホテルに宿泊していたことが判明。そのころは、まだ、「エヴァ」を知りませんでした。
みなが、それぞれの20年を心の中に抱いて街頭ビジョンの前に集まっていたのでしょう。もちろん、エヴァより若い、10代のファンも少なくなかったようです。

上映終了後、モニターに「これからも」のテロップ。

〔ホームページのエヴァンゲリオンコーナー〕
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva.htm

〔ツイッターの関連ツイート〕
https://twitter.com/masahirokitamra/status/650300925513347072

GYAOでアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」TV版動画全話無料配信

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」Blu-ray BOXの発売を記念して、GYAOで、期間限定で、「新世紀エヴァンゲリオン」TV版動画無料配信、9/16~9/23、全話配信するそうです。
http://special.gyao.yahoo.co.jp/anime/evangelion/
に情報が載っています。このページには、「新世紀エヴァンゲリオン」の登場人物の紹介も載っています。
もし、まだ、Blu-ray BOXもDVDも持っていない方で、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を見てみたいという方にとっては、チャンスかもしれませんね。
ただし、TVシリーズでは、物語が完全に完結しているとは言えず、物語の完結編は、映画「THE END OF EVANGELION」として97年夏に公開された劇場版「Air/まごころを、君に」ですので、もし、TVシリーズを見て、完結編の映画が見たいという場合には、「「新世紀エヴァンゲリオン劇場版(Air/まごころを、君に)」を含むソフトを入手するといいと思います。このDVDは、レンタル店にもあると思いますが、TVシリーズも含めて高画質で楽しみたいという場合には、先月発売されたBlu-ray BOXを購入されるとよいと思います。「新世紀エヴァンゲリオン」は、劇場版だけを見てもわけがわからないということになってしまうと思うので、見る順番にご注意を。ますは、TVシリーズから見てください。
なお、DVDの種類、見る順番などについては、HPのエヴァコーナーの中の「エヴァンゲリオン基礎解説」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-g.htm
もご参照ください。

また、「新世紀エヴァンゲリオン」を見て、その解釈論や、いわゆる謎解きについて興味をお感じの方には、先月重版となったばかりの『完本 エヴァンゲリオン解読』(『エヴァンゲリオン解読』の文庫版)をお読みいただくことをおすすめします。
『エヴァンゲリオン解読』については、HPのページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-kaidoku.htm
をご参照ください。

なお、「新世紀エヴァンゲリオン」のパラレルワールドのように始まった新作映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」(序破Q)+未公開の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は、「新世紀エヴァンゲリオン」と関係はあっても、別の作品なので、混同しないようにご注意を!新劇場版の完結編「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開時期は、未だ不明のようです。

『完本 エヴァンゲリオン解読』重版(改訂あり)

静山社文庫版『完本 エヴァンゲリオン解読』(北村正裕著、2010年)が、15年6月に版元品切れになってしまいましたが、資料についての改訂を加え、「文庫版第2版」として重版となりました。資料のページに「新世紀エヴァンゲリオンブルーレイボックス」発売情報を加え、8ページの「文庫版第2版あとがき」を追加しました。「文庫版第2版あとがき」では、アニメ映画『劇場版魔法少女まどか☆マギカ』や、オペラやバレエの現代演出にも触れています。もちろん、これらも、「エヴァ」解釈の一助とすべく盛り込んだ内容で、「エヴァ」と無関係の話ではありません。どうぞ、ご期待ください。
書店によっては、まだ、文庫版第1版が残っている可能性がありますが、文庫版第2版(15年8月発行の改訂版)は、帯の下のほうに「時に、西暦2015年 未知なる領域へ!」という文言があるので、書店店頭で購入される場合は、それで区別できます。また、Amazon、楽天ブックスでは、古い版の在庫はなくなっているようなので、今、ご注文いただければ、文庫版第2版が入手できると思います。
奥付記載の第2版発行日は2015年8月24日となっていますが、書店によって、入手可能日に多少のズレは生じると思います。今回は、改訂は加えてありますが、新刊ではなく、重版(増刷)という扱いになっているので、大規模書店やアニメ関係本の品ぞろえが豊富な書店以外では、ご注文いただかないと入手できないと思いますのでご承知おきください。これまでの例から見ると、店頭で見つけやすい書店の例としては、東京の場合、たとえば、書泉ブックタワー(秋葉原)、ジュンク堂池袋本店などでは、店頭で入手できる可能性が高いと思います。

〔ホームページの情報ページ〕
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-kaidoku.htm

eva-bunko-v2c-1
帯を付けた状態の画像です(クリックで拡大できます)

eva-bunko-v2c-2
帯を付けた状態での裏側の画像です(クリックで拡大できます)

「新世紀エヴァンゲリオン」ラストシーン別台詞版情報

2015年6月17日にエヴァンゲリオン公式サイト
http://www.evangelion.co.jp/
で発表された「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」の詳細情報によると、映像特典として、「ラストシーン 別台詞版」も収録されるとのことです。
『エヴァンゲリオン解読』(初版2001年)には、「まごころを、君に」のラストシーンの台詞「気持ち悪い」が、原案では「あんたなんかに殺されるのは、まっぴらよ!」であったらしいということも書きましたが(2010年静山社文庫版ではP.154)、当時、そのバージョンの音声も収録されていて、今回、その音声を用いたラストシーン映像が、初登場するということかもしれません。
8月26日発売予定というこのブルーレイボックスについては、このブログの2月22日の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52358519.html
に、「DEATH初ソフト化」などについて書きましたが、今回、新たに映像特典も発表され、ますます、価値ある1点になりそうです。

ところで、『エヴァンゲリオン解読』は、2010年に『完本 エヴァンゲリオン解読』というタイトルになって、静山社文庫の一冊となり、単行本((三一書房版ハードカバー)は絶版になっていますが、「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」を前に、2010年静山社文庫版
http://test.sayzansha.com/jp/books/978-4-86389-048-0.html
も版元品切れになってしまったようです。
現在、ブルーレイ発売情報等を追加した改訂版(文庫版第2版)の発行について、静山社で検討中とのことですので、改訂版発行が決まれば、僕のホームページの『エヴァンゲリオン解読』出版情報のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-kaidoku.htm
または、ツイッター
https://twitter.com/masahirokitamra
等でお知らせしようと思っていますが、まだ、どうなるかわかりません。

なお、今回発表された映像特典の情報については、
「エヴァ緊急ニュース」というファンのブログの6月17の記事
http://evangeliwon.blog107.fc2.com/blog-entry-2454.html
など、エヴァファンのブログやツイッターで、すでに、話題になっているようです。
僕自身もツイート
https://twitter.com/masahirokitamra/status/611898302930366465
しています。

【15. 7.10追記】
先月(6月)、版元品切れになってしまった静山社文庫版『完本 エヴァンゲリオン解読』(2010年)が、改訂を加え、「文庫版第2版」として重版されることになりました。7月10日現在、静山社のページを見ると、まだ、「重版未定」となっていますが、順調にいけば、来月(15年8月)に重版ということになると思います。「新世紀エヴァンゲリオンブルーレイボックス」発売情報を加え、8ページの「文庫版第2版あとがき」を追加することになっており、現在、執筆中です。「文庫版第2版あとがき」には、アニメ『劇場版魔法少女まどか☆マギカ』などにも触れる予定です。
HPの『エヴァンゲリオン解読』出版情報のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-kaidoku.htm
に情報掲載しています。
(15. 7.10追記)

【15. 8.27追記】静山社文庫版『完本 エヴァンゲリオン解読』(2010年)の「文庫版第2版」、8月24日発行となりました。
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52375383.html
に情報掲載しています。
また、「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」、26日発売になっています。映像特典として収録されている「ラストシーン 別台詞版」は、やはり、「あんたなんかに殺されるのはまっぴらよ」でした。これは、絵コンテとも一致しています。
(15. 8.27追記)
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: