北村正裕BLOG

【北村正裕のナンセンスダイアリー】童話作家&シンガーソングライター、北村正裕のブログです。 トラックバック送信のさいには、当ブログ該当記事へのリンクをお願いします。また、コメントは投稿できない設定になっています。 執筆情報用ホームページ(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋) http://masahirokitamura.my.coocan.jp/ と、音楽情報用HP(北村正裕アート空間) http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ もよろしく。 ツイッターアカウントは「@masahirokitamra」です。

2006年12月

URLが変更になりました

当ブログサイトのURLが
http://blog.drecom.jp/masahirokitamura/
から
http://masahirokitamura.blog.drecom.jp/
に変更になりました。ただし、旧URLからでもアクセスは可能です。
今後もよろしくお願いします。

エヴァンゲリオン謎解き・解釈本『エヴァンゲリオン解読』入手方法について

『エヴァンゲリオン解読-そして夢の続き-』(北村正裕著、三一書房、2001年刊、税込定価=1,600円)の入手方法については、HP内の「『エヴァンゲリオン解読』入手方法」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-k.htm
に掲載しており、今後も、随時、更新していく予定です。

この本は、今年(2006年)夏ごろに、一時、版元品切れ状態になっていたため、その後、秋に5度目の重版(6刷)が出たにもかかわらず、一部のネット書店では、「絶版」表示になっていて、注文受付を停止しているようですが、実際には、2006年12月の現時点では絶版ではなく、一般書店で注文可能です。また、これとは別に、初版本の著者直販分にも、まだ、若干の在庫があります。詳しくは、上記HPの最新情報をご覧ください。

なお、2006年12月上旬現在、ネット書店でも、
紀伊国屋書店http://bookweb.kinokuniya.co.jp/
楽天ブックスhttp://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/
などでは、注文受付を再開しているようです。

〔当ブログサイト内の関連記事〕
http://blog.drecom.jp/masahirokitamura/archive/22

〔HP内の新世紀エヴァンゲリオンコーナー〕
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva.htm

【06/12/07追記】
「新・『心の補完委員会』」というブログの
http://blog.so-net.ne.jp/EVA-AT/2006-04-06
「Elleの遺跡」というブログの
http://reflation.bblog.jp/entry/222106/
などに『エヴァンゲリオン解読』についてのコメントがあります。

新国立劇場バレエ「白鳥の湖」牧阿佐美新演出版関係記事

HPのバレエ・オペラコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/swanlake.htm
に、先月11月19日の新国立劇場の牧阿佐美芸術監督による新演出の「白鳥の湖」の観劇レポートを掲載しましたが、すでに、今回の公演については、色々なブログに感想記事が出ているようです。
例えば、「バレエに行こう」というブログの
http://goballet.seesaa.net/article/28113024.html
には、同じ19日の公演の感想が書かれています。
また、「ミキん家」というブログの
http://mikinchi.cocolog-nifty.com/ballet/2006/11/post_1200.html
には、初日の12日の感想が書かれています。

ところで、上記HPに掲載したレポートで、91年のキーロフバレエ(現マリインスキーバレエ)日本公演のときのメモに基づいて、98年の新国立劇場での上演との差違に触れたり、グランアダージョの冒頭の編曲についても言及しましたが、その後のマリインスキー劇場ではどうなっているのでしょうか?
僕は、今月のマリインスキーバレエの来日公演を見に行く予定はないのですが、ご覧になる方は、その辺にも注目されるとおもしろいかもしれません。それから、今月16日未明、午前00:30?04:20のBS2の番組「クラシックロイヤルシート」で、今年6月にマリインスキー劇場で収録された「白鳥の湖」の映像が放映されるそうで、こちらは、僕も、録画しておく予定です。この映像の舞台は、今年1月に東京文化会館でワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」4部作の白熱の演奏を聴かせてくれた指揮者ゲルギエフの指揮によるものなので、その演奏にも注目です。

【06/12/07追記】
〔新国立劇場「白鳥の湖」関連ブログ記事(追加)〕
「背表紙ふぇちの独白」の
http://plaza.rakuten.co.jp/ayafk/diary/200611190000/
「藤田一樹の観劇レポート」の
http://white.ap.teacup.com/kazudon/441.html
「劇場の天使」の
http://blog.so-net.ne.jp/theater-angel/2006-11-18
「la dolce vita」の
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2006/11/111_2f3f.html

〔マリインスキーバレエ名古屋公演関係記事〕
「気まぐれ日記」の
http://blog.pivoine.daa.jp/?eid=608800
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: