たった今、オーチャードホールで、レニングラード国立歌劇場によるガウダシンスキー版のオペラ「ファウスト」(グノー作曲)を見てきました。あまりに大胆な演出に、あ然、呆然でした。本来のラストシーンである牢獄のシーンと、その直前におかれるべきワルプルギスのバレエシーンの演奏順が入れ替わり、牢獄でマルガレーテが絶命すると、救済の合唱もなく、ワルプルギスシーンへ移行。そのラストで現れるマルガレーテの亡霊を見たファウストが、「彼女に会いたい。何としても行くぞ!」と叫んで倒れるところで全編の幕となるという結末になっていました。文学的には、たしかに、この方が、ずっと、感動的と言えるかもしれませんが、グノーの音楽は、こう演奏するようには出来ていないと思います。牢獄で、狂乱状態のマルガレーテが「主よ、私をお導きください」と歌い出すところは、間違いなく、ラストシーンへ向かう最高のクライマックスであり、最後の救済の音楽へ、まっしぐらに進んでもらわないと、納得できません。今回、その救済の合唱が、完全に削除されてしまい、自分としては、不完全燃焼です。こんな「ファウスト」、納得出来ません。明日、HPの「雑記帳」のページに、もう少し詳しく書こうと思いますが、とりあえず、寝る前に、一言、アップロードさせていただく次第です。