Sponichi Annexの昨日(2月12日)の記事
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/02/12/02.html
によると、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の新作映画のタイトルは
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」、第1作は9月1日公開とのこと。昨年9月にGAINAXが発表した「2007年初夏」という予定から見ると、やや遅れたことになりますね。
キングレコードのDVD情報などを掲載している「新世紀エヴァンゲリオン」公式サイトの
http://evangelion.co.jp/theater.html
には、昨年9月に、「エヴァンゲリオン新劇場版」(07?08年公開予定の新作映画"REBUILD OF EVANGELION")の情報が掲載され、総監督=庵野秀明、アニメーション制作=カラースタジオ、配給=クロックワークス、メディア・スーツといった情報のほか、
2007年初夏=前編 REBUILD OF EVANGELION:01
2008年陽春=中編 REBUILD OF EVANGELION:02
2008年初夏=後編+完結編 REBUILD OF EVANGELION:03、04
という公開予定も掲載され、その後、「『赤い月、赤い海。』2007年、エヴァンゲリオン復活。」という謎めいたコピーも掲載されました。
しかし、その後、具体的な公式発表がなかったようですが、上記記事によれば、庵野秀明総監督が17日に全国の劇場で「緊急声明」を発表するとのことで、「庵野監督の声明文は、全国約50館の劇場にポスターとして掲出される。黒地に白文字だけの斬新なデザインで、『疲弊しつつある日本のアニメーションを未来へとつなげたい』と主張」とされています。
昨年12月に、eiga.comの文化通信ニュース
http://www.eiga.com/bunkatsushin/061226/20.shtml
に掲載された情報でも、「第1弾が07年9月公開」という見出しになっていましたが、映画館にポスターが出れば、はっきりするでしょう。
また、eiga.comの文化通信ニュースでは、
「アニメーション制作:スタジオカラー」
「今回の製作にあたって新たにスタジオを設立」
といった記述もありますが、「カラースタジオ」なのか「スタジオカラー」なのか、また、企画・原作者たるGAINAXとの関係はどうなっているのかなどの詳しい情報はみつかりません。
この「カラー」という制作スタジオについては、
ハイムさんの「PROJECT REI」というブログの昨年8月の記事
http://ayanami-rei.org/archives/2006/08/2006-08-04-000356.php
で、「憶測」と断った上で、言及されていますが、今のところ、ネット上では、これ以上の情報は見つかりません。
上記Sponichi Annexの記事によれば、「ポータルサイト『yahoo!』に特設ページが設けられ、特集が17日からスタート」とのことなので、より詳しい情報が出てくるかもしれませんね。

ところで、先月、HPの新世紀エヴァンゲリオンコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva.htm
の中の、「エヴァンゲリオンの基礎知識」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-g.htm
をリニューアルして、「新劇場版と旧世紀版の基礎知識(予備知識)」というサブタイトルも付けましたが、こちらも、追って、再更新することになると思います。


〔当ブログ内の関連記事〕
http://masahirokitamura.blog.drecom.jp/archive/24
http://masahirokitamura.blog.drecom.jp/archive/20など

【07/02/15追記】
ハイムさんが「PROJECT REI」の
http://ayanami-rei.org/archives/2007/02/2007-02-15-000458.php
で指摘されているように、GAINAXの公式ページには、まだ、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」公開日の情報が出ていませんが、やはり、公式発表は2月17日以降ということなのでしょう。
なお、昨年9月9日のGAINAX公式ページでの発表内容は、現在、同サイトの
http://www.gainax.co.jp/company/news/0027.html
に掲載されています。