先日、2月17日に、Yahoo! JAPAN-エヴァンゲリオン特集-のページなどで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」9月1日公開という情報が出ましたが、ようやく、
アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」原典版の企画制作会社であるGAINAX公式サイトにも情報が出てきました。
まず、同社サイト内にある「庵野秀明公式Webサイト」
http://www.gainax.co.jp/hills/anno/index.html
では、数日前から、Yahoo! などの関連ページへのリンクが貼られています。その中のひとつ「Yahoo! メルマガ?ヱヴァンゲリヲン新劇場版だより」
http://merumaga.yahoo.co.jp/Backnumber/5923/53470/p/1
にある記事によると、スタジオカラーは、「去年の秋に誕生」したとのこと。また、「カラー」とは、ギリシャ語の「歓喜」の意とのことと解説されています。
一方、GAINAX制作本部の武田統括本部長のブログの昨年9月21日の記事
http://gainax.weblogs.jp/takeda/2006/09/post_9901.html
の中に、「夕方、庵野君の新事務所の事務所開きで某所へ」という記載があり、この新事務所というのが、スタジオカラーのことのようです。
また、通販最新情報ブログの昨日2月23日の記事
http://gainax.weblogs.jp/staff/2007/02/91_7886.html
にも、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」9月1日公開という情報が出ました。
「EVANGELION.CO.JP」
http://www.evangelion.co.jp/
は、以前は、キングレコードのDVDなどの情報ページでしたが、先日のリニューアルで、完全に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版公式サイト」または「エヴァンゲリオン公式サイト」と呼ばれるようになっていますが、ここの管理は、どこの会社がやっているのでしょう?そもそも「EVA製作委員会」を構成する会社のリストも掲載されていないので、そのあたりのことは、依然、よくわかりません。

僕のHPの中のリンクページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/link.htm
には、「新世紀エヴァンゲリオン」関連の公式サイトのほか、いくつかのいわゆる謎解きサイト、考察サイトなどの個人サイトなどへのリンクもあります。
また、以前、当ブログの
http://masahirokitamura.blog.drecom.jp/archive/11
の記事にも書きましたが、HP内の新世紀エヴァンゲリオンコーナー
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva.htm
には、「エヴァンゲリオン解読」(三一書房、2001年)出版以前に書いたいくつかの古いエッセイも、引き続き掲載しています。これらは、当然、オリジナル版の「新世紀エヴァンゲリオン」(95?99年版)についてのエッセイです。いずれ、97年の映画は「旧劇場版」と呼ばれるようになるのでしょうか?

オリジナル版(95?99年版)のファンとしては、キングレコードのDVD情報が「エヴァンゲリオン公式ページ」から消えてしまったりと、「新劇場版」一色になっていることには、やや複雑な気持ちもあるのですが、「新劇場版」を機に、オリジナル版も見てみようという新しいアニメファンが増えるならいいことでしょう。
なお、上記公式ページから消えた2003年版DVDの情報などは、現在、キングレコードのスターチャイルドレーベルのサイト内の「新世紀エヴァンゲリオン」のページ
http://www.starchild.co.jp/special/evangelion/index.html
に掲載されています。
また、2003年版DVDと99年版DVDの違いなどについては、当ブログ内の
http://masahirokitamura.blog.drecom.jp/archive/21
や、HP内の「エヴァンゲリオンの基礎知識」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-g.htm
をご参照いただければさいわいです。