北村正裕BLOG

【北村正裕のナンセンスダイアリー】童話作家&シンガーソングライター、北村正裕のブログです。 トラックバック送信のさいには、当ブログ該当記事へのリンクをお願いします。また、コメントは投稿できない設定になっています。 執筆情報用ホームページ(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋) http://masahirokitamura.my.coocan.jp/ と、音楽情報用HP(北村正裕アート空間) http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ もよろしく。 ツイッターアカウントは「@masahirokitamra」です。

ダイアリー

旧友、五神真君から感想「懐かしさ」

昔、大学生の頃に、僕が初めてギターを買ったのは、今使っているフォークギターではなく、クラシックギターでしたが、そのクラシックギターを買うとき、すでにギターを弾いていた身近な友達であった五神真(ごのかみまこと)君(当時の名前は桑田真君)にお茶の水の楽器店まで同行してもらって、初めてのギター選びを手伝ってもらったのですが、今年春に音源発売された僕の自作曲「二人乗りの気球」
(4月の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52327464.html
に書いたもの)
について、その旧友の五神君から、「懐かしさを感じる、良い曲ですね」という感想メールが届きました。久しく会う機会がないままですが、初めてのギター選びに同行してもらった旧友からの便り、とてもうれしいものです。
メールにある「懐かしさを感じる」というのは、旧友の作品だからという意味ではないと思います。五神君は、最近まで僕の作品を聴いていなかったはずなので、そういう意味での「懐かしさ」ではないはずです。多分、僕の作品そのものに、「懐かしさを感じる」ような雰囲気があるのでしょう。実際、僕は、ノスタルジーというものにとてもシンパシーを感じるし、ドヴォルザークのいくつかの作品など、郷愁を感じさせる音楽が好きです。
五神君のほかに、もっと最近知り合った知人で、間違いなく僕の音楽を聴くのが今回の音源で初めてという人から、「似た曲があったわけでもないのに、懐かしい感じがする」というような感想を口頭でいただいたこともあり、もしかすると、これは、僕の作品の特徴なのかもしれないなあと思ったりします。
メールでの感想は、いくつかいただいていますが、「いい曲ですね」だけでなく、「懐かしさを感じる」といった一言でも具体的な感想を添えていただけると、とてもうれしいものです。
ところで、五神君は、物理学者で、しばらく前から東京大学大学院理学系研究科の教授として教育、研究活動を続けているようですが、今回いただいたメールによると、今年4月からは、理学部長、理学系研究科長としての仕事も加わったそうで、管理的な仕事も多くなったとのことですが、「優秀な学生に恵まれており、研究も楽しんでいます」とのこと。「勉強家」健在のようです。
ギターを先に弾き始めたのは五神君の方でしたが、五神君が学業に専念して物理学者の道に進んだのに対して、僕の場合は、趣味的な芸術活動の比重が高まり、一方で、教師の仕事にも興味があったので、芸術活動と数学教師の仕事を両立させる道を選択し、今日に至っています。
僕は、ときどき、自分の名前や作品名でネット検索して、ネットに書いていただいた本や音楽の感想もできるだけ読むようにしています。今後も、色々な人の色々な感想を読みたいと思っています。

musashi
高校時代の写真(前列4人のうち右端が北村正裕、2番目が五神真君)

「二人乗りの気球」収録CD発売&配信

コンピレーションアルバムCD「SOUNDJAM 2014」(インディーズジャム、2014年4月1日発売)に、「二人乗りの気球」(北村正裕作詞・作曲・歌)が収録されました。音源は、2010年3月23日の御茶ノ水KAKADOでのライブ録音ですが、マスタリングにより、ノイズもほとんど消えて、聴きやすい音質になっています。現在、タワーレコードやHMVなどで購入可能ですが、収録曲は、iTunes、music.jp着うたフル、Amazon MP3ストアで配信されることになっていますのでご期待ください。
ホームページの中の音楽・音源情報のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/music.htm
音楽用ホームページの中のCD&配信情報のページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/release.html
配信ページリンクのページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/release-l.html
などに、情報掲載しています。

今のところ、iTunesなどでの配信は、5月上旬ごろからになりそうですが、変更などの情報がはいりましたら、ツイッター( @masahirokitamra )
https://twitter.com/masahirokitamra
などでお知らせする予定です。

コンピレーションアルバムCD「SOUNDJAM 2014」(インディーズジャム、2014年)は、4月1日発売、税抜価格2,200円、品番jam-714。
「収録アーティスト/曲目」は、
1. HANKs / 明日はきっと
2. トモクロウ / 街
3. StarDustRain / Re:you
4. Scin / ONE
5. matsuwo / ふりむけば
6. 楽園チェーンソー / RUBY SKY
7. Verde meninas / 女子力☆王国
8. Prism Color / 宇宙樹
9. BLACK MINDS GROW / ダイブ!
10. MACARBLE / NEW WORLD
11. BRIGHT EYES super-duper / 手話で歌おう!
12. 川野ユウキ / 東京
13. PRECIOUS MOMENT / POWER PLANT
14. Junk Dust / ROCK SHOCK WORLD
15. 北村正裕 / 二人乗りの気球
16. いば雄太 / はんぶんこ
以上です。

【2014. 5. 7追記】
「二人乗りの気球」(北村正裕作詞・作曲・歌)など、コンピレーションアルバム「SOUNDJAM 2014」収録曲のiTunesでの配信が始まりました。1曲150円で購入できます。
https://itunes.apple.com/jp/album/soundjam-2014/id858272089
(2014. 5. 7追記)


soundjam2014

masahirokitamura110825l0078

今年もスミレ(2014年)

このブログでは、2008年4月6日の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/51606163.html
以来、何度も、スミレの写真を掲載していますが、今年も、また、スミレの季節がやってきました。
今回掲載する写真は、自宅から徒歩1分の道ばたのアスファルトのすきまに咲いているスミレ。東京都豊島区雑司が谷にて、本日(2014年4月8日)撮影したばかりです。

sumire140408

クレジットカードなしでkindle本を購入する方法

クレジットカード無しでkindle本を購入することはできるのですか?と尋ねられたことがあり、しばらくわからなかったのですが、どうやら、クレジットカードなしでkindle版電子書籍を購入する方法として、Amazonギフト券を利用するという方法があるようです。
クレジットカード以外でコンビニ等で買えるアマゾンギフト券でキンドル本を購入したい場合は、アカウントにギフト券番号を登録しておく必要があるようです。
Amazonのサイトのヘルプ>注文>Amzonギフト券>Amazonギフト券の使い方のページ
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=642976
に出ています。
ギフト券番号を入力して「1-Click設定」の支払い方法を「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」に変更して、それからタブレットやスマホのキンドルアプリを使うという手順になるようです。
クレジットカード番号を入力したくない人や、高校生など、クレジットカードを持っていない人にとっては重要情報ですね。

僕は、今年1月に童話『何もない遊園地』のkindle版
http://www.amazon.co.jp/dp/B00B6FTH6Q/
を出版し、この情報は、ホームページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/
にも掲載していますが、先月、安房直子さんの童話集『銀のくじゃく』のkindle版
http://www.amazon.co.jp/dp/B00F5W0EHC/
が発行されました。
安房直子さんの作品情報については、ホームページの中の安房直子作品集情報のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/awa.htm
に掲載していますが、入手困難な時期もあった『銀のくじゃく』は、憧れと滅びを美しく描く傑作童話集だと思います。
ちなみに、僕は、『銀のくじゃく』は、箱入りの古い本(1982年第9刷)を持っています。

merrygoroundprg

「二人乗りの気球」のライブ音源と動画

音楽用HP(北村正裕アート空間)
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
で、「二人乗りの気球」(北村正裕作詞・作曲)の2010年3月23日のライブの音源は公開していますが、新たに、映像(動画)も公開しました。
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/video.html
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/video01.html
PCによっては再生できます。これとは別に、2012年12月8日のライブの映像は、YouTube
http://www.youtube.com/channel/UCtsFGii6IOR0L_0sFGHmLYQ
で公開していて、こちらは、ほとんどのPC、タブレット、スマートフォンで再生できると思いますが、現在、YouTubeで公開している2012年12月8日のライブの映像は、歌詞を一部間違えて歌っているほか、音質にも難があることもあり、2010年3月23日のライブ映像を新たに公開しました。編集次第ではYouTubeでももっと音質のよい映像を公開できるのでしょうが、いまのところは、お手軽に見られるYouTubeと、少し音質のよいホームページでの音源公開と両方やっています。そして、それぞれ、別の日のライブ映像をアップロードしています。
今回ホームページで公開した「二人乗りの気球」の2010年3月23日のライブ映像を見ると、冒頭の部分に二重写しの効果がかかっていますが、これは、僕が編集したのではなく、ライブハウスKAKADOの録画スタッフの方がこのように撮影してくれたのです。こういう二重写しも、ちょっと、おもしろいと思います。
ライブ情報は、ホームページの中の「ライブ情報」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/live.htm
に掲載しています。

masahirokitamura1003230009

スミレが咲いた!

今年も、近所の道端のコンクリートのすきまに、スミレの花が咲きました。

このブログにスミレの写真を載せるのは、2年連続、そして、通算3回目ですが、今回のスミレは、自室のドアから十メートルもないような至近距離のスミレ。

しばらく前から葉が出ていたので注目していましたが、本日、ついに、花を確認!

sumire130410


先月も、ライブハウスで「君が教えてくれた道」という歌(北村正裕作詞・作曲)を歌いましたが、この歌の中の
「春には野辺の隅にすみれの花が咲いていたかな?」
という歌詞は、こんな道ばたのスミレからイメージしたものです。

【註】「君が教えてくれた道」(北村正裕作詞・作曲)の歌詞と音源(2010年のライブ音源)は、音楽用HP(北村正裕アート空間)
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
で公開しています。

Kindle本(電子書籍)購入方法、読み方記事の紹介

先日の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52275648.html
に書いたように、創作童話「何もない遊園地」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00B6FTH6Q/
を電子出版(Kindle版)しましたが、Kindle版は、専用端末だけでなく、色々なタブレット端末、スマートフォンで読めます。
僕は、電子書籍用には、タブレット、nexus7を使っていますが、色々な端末での読み方、購入方法、読み心地の比較記事が、ネット上にいくつもあるようです。ここでは、それらのうちのいくつかを紹介します。

「オルタナティブ ブログ」の1月30日の記事
http://blogs.itmedia.co.jp/kataoka/2013/01/kindle-paper-wh-7b94.html
には、専用端末Kindle PaperwhiteとiPhoneでの読み心地が比較されています。

「EX-IT(イグジット)」の2012年10月26日の記事
http://www.ex-it-blog.com/archives/15371/
には、iPpadとiPhoneで読んでみたというレポートがあります。

もうひとつ、
「とくみつ録」2012年12月23日の記事
http://blogs.dion.ne.jp/109nissi/archives/11028033.html
では、nexus7とiPod touchが比較されています。

各端末の一長一短がレポートされていますが、とりあえず、android端末でも、iOS端末でも問題なく読めるようです。

なお、Amazonのサイトへは、HPの中の情報ページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/yuuenti-l.htm
からリンクをはってあります。

nexus7130215a

完全禁煙ライブハウスで弾き語りライブ(2012.12.8)

先月、2012年12月8日、完全禁煙のアコースティッックライブハウス、ライブハウス、Imix EKODA(アイミックスエコダ)に、自作曲のギター弾き語りで出演しました。ホール内の禁煙はもちろんですが、喫煙所なし、再入場不可なので、通路などでも有害なたばこの煙にさらされる心配がなく、安心して、快適に音楽が楽しめる環境でした。たばこの害が広く知られるようになってきている今では当然の環境だと思いますが、多くの飲食店やライブハウスで禁煙対策が遅れている現状を考えると、このライブハウスは模範的だと思います。

さて、当日の僕のステージの曲目ですが、
1 波の声がやさしすぎて(北村正裕作詞・作曲)
2 途切れた地図の街(北村正裕作詞・作曲)
3 夕焼け雲(北村正裕作詞・作曲)
4 君が教えてくれた道(北村正裕作詞・作曲)
5 乙女座の女の子(北村正裕作詞・作曲)
6 二人乗りの気球(北村正裕作詞・作曲)
7 また会おうね(北村正裕作詞・作曲)
以上でした。

このうち、ラスト3曲の映像を、YouTubeにアップロードして公開しましたので、現在、ネットで見られるようになっています。
http://www.youtube.com/channel/UCtsFGii6IOR0L_0sFGHmLYQ
からアクセスできますが、音楽用HPの中のページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/youtube.html
からもリンクをはってあります。
また、ツイッター
http://twitter.com/masahirokitamra
でも見られるようにしてあります。

masahirokitamura1212080007


春の道ばたの花(スミレ、カタバミなど)

今年も花の季節ですね。
野草の話題をブログに書くのは、2008年4月6日の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/51606163.html
以来ですが、その記事で掲載した写真の場所のスミレは、道路工事の後、出てこなくなってしまいました。でも、周囲を散歩すると、やはり、道端にはスミレの花が。また、スミレの仲間で葉の形などが微妙に違うタチツボスミレと思われる花もあちこちに咲いています。スミレ以外では、(夏の花になるかもしれませんが)緑の葉に黄色の花のカタバミ、カタバミの仲間で花が紫色のムラサキカタバミ、花は黄色で葉が赤いアカカタバミがそろい踏みです。これらは、みな、背の低い小さな花ですが、背の高い野草でオレンジ色の花のナガミヒナゲシが、空き地の隅などによく咲いています。これは、ヨーロッパからの帰化植物のようです。それから、最近、道路脇や線路脇で目立つようになったのが、薄紫色の花のショカッサイ(別名、オオアラセイトウ)。こちらは、中国からの帰化植物のようです。春の定番のタンポポ(セイヨウタンポポ)も健在です。

下の写真は、4月25日に豊島区雑司が谷と南池袋で撮影したものです。

sumire120425b
スミレ(2012年4月25日、豊島区雑司が谷3丁目で撮影)

tatitubosumire120425b
タチツボスミレ(?)(2012年4月25日、豊島区雑司が谷2丁目で撮影)

katabami120425b
カタバミ(2012年4月25日、豊島区南池袋3丁目で撮影)

murasakikatabami120425b
ムラサキカタバミ(2012年4月25日、豊島区雑司が谷2丁目で撮影)

akakatabami120425b
アカカタバミ(2012年4月25日、豊島区南池袋4丁目で撮影)

nagamihinagesi120425b
ナガミヒナゲシ(2012年4月25日、豊島区南池袋4丁目で撮影)

shokassai120425b
ショカッサイ(オオアラセイトウ)(2012年4月25日、豊島区雑司が谷2丁目で撮影)

tanpopo120425b
タンポポ(セイヨウタンポポ)(2012年4月25日、豊島区雑司が谷2丁目で撮影)

英真也さん「瞳閉じすぎ」ツイートと朝日新聞「Jポップ歌詞」記事

4月4日の朝日新聞に、Jポップの紋切り型の歌詞にネット上でも批判が多いという記事
http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY201204050351.html
(WEBでは4月6日)が出ましたが、出典が明示されていないものの、引用元のひとつ(?)とも思われる英真也さんのツイッターでの2010年7月6日のツイート
http://twitter.com/#!/mondaidarake/status/17843515288
を見ると、Twitterの限られた字数の中で、理屈など言わずに、うまく、Jポップの歌詞の画一性を批判していて感心してしまいます。これ自体、ひとつの立派な詩ですね。新聞に引用された部分よりも、「もう一人じゃなさすぎ」「一歩づつ歩いて行き過ぎ」というフレーズが痛快。僕自身、Jポップでの「頑張ろうソング」の氾濫に少々うんざりしているので。
ちなみに、英真也さんの別のツイート
http://twitter.com/#!/mondaidarake/statuses/17843672947
には【続き】として、「光が挿す方へ行き過ぎ」(「光が射す」でしょうが、引用元のまま)などと書かれています。

僕自身の歌は、そういうものとは一線を画するナンセンスソングであるという自負があったので、英真也さんのツイートと自分の歌詞を照合しましたが、さいわい、「指摘」されているフレーズは僕の歌詞にはありませんでした。
一方、朝日新聞の記事には、「歌ネット」歌詞検索のヒット件数として、トップ20が掲載されていますが、これもない…と言いたいところだったのですが、今、自分の音楽用HP
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
で音源公開しているオリジナル曲8曲のうち、1曲、「また会おうね」のラストに、ランキング12位の「会いたい」の語が。惜しい。でも、この曲、ライブハウスでの自分のステージのエンディングテーマのようにしていて、「僕はまた君と会いたい」と締めくくるんで、Jポップで多用されているパターンとは少し違うはず。と、弁解。実際、今、公開しているこの曲の音源は、先月のライブハウスでのステージのラストで歌ったときのライブ録音です。

それから、英真也さんのツイートでは、冒頭に「翼広げ過ぎ」とありますが、「翼を広げ」の歌詞で真っ先に思い浮かべる「翼をください」の赤い鳥によるレコードが世に出たのは1970年(ライブでの登場は1969年)で、まだJポップという言葉が現れる前のことです。フォークからニューミュージックへの移行期でしょうか。「翼をください」は、現在のJポップの頑張ろうソングとは異質だと思います。むしろ、この歌には一種の現実逃避的な美しい響きもあり、それを批判するブログ記事を見たような記憶があります。そして、こういう曲まで応援歌にしてしまうような流行や、同じようなフレーズのあまりの多用には、やはり疑問の目が向けられてしかるべきなのでしょう。

「翼をください」については、当ブログでも
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52158152.html
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/51606184.html
などで取り上げています。

4日の朝日新聞の記事は、すでに多くのブログで取り上げられていますが、ひとつ例を挙げておきますと、
「寛朗(Hiroaki)'s music theory」というブログの4月9日の記事
http://ameblo.jp/hiroaki1018/entry-11217602457.html
に、この記事への言及があります。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: