北村正裕BLOG

【北村正裕のナンセンスダイアリー】童話作家&シンガーソングライター、北村正裕のブログです。 トラックバック送信のさいには、当ブログ該当記事へのリンクをお願いします。また、コメントは投稿できない設定になっています。 執筆情報用ホームページ(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋) http://masahirokitamura.my.coocan.jp/ と、音楽情報用HP(北村正裕アート空間) http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ もよろしく。 ツイッターアカウントは「@masahirokitamra」です。

弾き語りライブ

世界観とは?(作風、作品イメージの意味?)

「CDジャーナル」5月号(4月20日発売)の「新譜試聴記」のコーナーに北村正裕ライブアルバム「宝石の作り方」のミニレビューが掲載され、WEB版にも出ました。
http://artist.cdjournal.com/d/-/4116021389
そのレビューに、
「宮沢賢治を彷彿とさせる、不思議な世界観を漂わす」
という一節がありますが、実は、最近、「世界観」という言葉が、本来の哲学的な意味ではなく、作家の作風とか、作品のイメージ、雰囲気といった軽い意味で多用されていることが気になっていたところだったので、とうとう、自分のCDの批評にまでこの言葉が登場してしまって、「ここまで来たか」という感じです。
例えば、「この世とあの世をつなぐ銀河鉄道を描いた宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』には彼の仏教的世界観が反映されている」というように使うのが、この言葉の本来の使い方でしょう。
「広辞苑」第四版を見ると、
「世界を全体として意味づける見方。人生観よりも包括的。単なる知的把握に止まらず、より直接的な情意的評価を含む。楽天主義・宿命論・宗教的世界観・道徳的世界観などの立場がある」
と、あります。
その「世界観」が、作家の作風等の意味で使われるようになったのは、それを考えるのが、芸術というもののひとつの役割であることに一因があるのかもしれないと想像したりもしていますが、それにしても、最近の、この言葉の使われ方には驚くばかりです。今回の「「CDジャーナル」5月号の「新譜試聴記」では、僕のCDの批評が出ているページ(P.108)の中だけでも、他のCDのレビューの中にも「世界観」という言葉が使われていて、しかも、それは、インストアルバムで、二つのレビューの執筆者は同じではありません。僕のCDのレビューの中の言葉は、「世界観が漂う」と、「漂う」の一言があるために、まだ、本来の意味を失っている使い方とは断言できませんが、中には、完全に、本来の意味を失ってしまっていると感じさせる使い方も見られます。「イメージ」と言ったほうがわかりやすいと思われるような使用例も多いように思います。良いとか悪いとかいう問題ではありませんが、みなさんは、どう、お感じでしょうか?

ところで、今回の僕のCD、歌詞カードの中にライブ写真が印刷されているので、その中の僕の風貌と音楽のイメージとがアンバランスだというのなら、充分納得なのですが、レビューでは、詩と音が「アンバランス」という表現になっていますね。そこ、「面白い」と言うほどアンバランスですか?まあ、「面白い」ということなら、それはそれでいいのですが。

言及されている歌唱技法は、多分、アルバム1曲目などのところどころで通常のビブラートより小さい振幅で声を揺らしながら歌っていることを指しているのだと思います。この技法は、全曲で使っているわけではありませんが、1曲目の表題曲の序盤で連発されているので、そこが、評者さんにとっての第一印象となったのかもしれません。

今後も、色々な、批評、感想、楽しみにしています。

〔音楽情報ホームページの中のリリース情報リンクのページ〕
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/release-l.html

〔ツイッターの関連ツイート〕
https://twitter.com/masahirokitamra/status/725963155872968705

【16. 5. 4追記】
以前、僕の「全然オッケー」という曲の歌詞に関連して、「全然+肯定形」について、音楽情報ホームページの中のページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/zenzen-ok.html
に書き、「全然+肯定形」は、間違いとか誤用とまでは言えないまでも、正統とは思えないといようなことを書きましたが、「世界観」という言葉を「作風」とか、「作品イメージ」とか「作品の雰囲気」といった意味で使う使い方についても、やはり、間違いとか誤用とまでは言えないまでも、違和感は否定できないというのが、今のところの僕の感想です。

ネット検索してみたところ、
「トガシユキのブログ」の2011年12月の記事
http://higashiyuki.at.webry.info/201112/article_12.html
の中に、「全然+肯定形」の話題があり、「世界観」の意味についても、少しだけ言及がありました。
また、「q.hatena」の2004年の書き込み
http://q.hatena.ne.jp/1079010355
に「世界観」という言葉の話題が出ているので、「作品の世界観」というような使い方は、遅くとも、すでに、このころには一般的になっていたようですね。

アルバムCD「宝石の作り方」発売

北村正裕アルバムCD「宝石の作り方」(商品番号=MKCD-1601)、本日(3月10日)発売です。

タワーレコード
http://tower.jp/item/4207787/

HMV
http://www.hmv.co.jp/artist_95_000000000375365/item_B9_6923254

等、全国のCDショップで注文できます。

Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B01BOKTASM/

等のネットショップでも購入できます。

2015年3月17日の、ライブハウス、鈴ん小屋(りんごや)でのライブ録音で、収録曲は、宝石の作り方/夕焼け雲/全然オッケー/乙女座の女の子/二人乗りの気球/また会おうね/猫と金魚(以上7曲、全曲、北村正裕作詞・作曲)。1月20日から、iTunesストア、Amazonデジタルミュージック等で配信されているライブアルバムアルバム「宝石の作り方」のCD化です。

3月14日(月)、池袋、鈴ん小屋(りんごや)でのライブは、CD発売後最初のライブ(いわゆる「レコ発ライブ」)となりますので、このライブの会場では、CDの割引販売も予定しています。
14日の鈴ん小屋(りんごや)でのライブは、19:30開演。
北村正裕出演時間は 21:30~22:05 (出演4組中4番目)の予定です。
終演後、22:05~バータイムとなります。
予約方法等は、鈴ん小屋のサイト
http://www.ringoya.org/
の中の3月のスケジュールのページ
http://www.ringoya.org/schedule.php?py=2016&pm=3&pd=1
の中の14日(月)の項目をご参照ください。

ライブ情報は、北村正裕ホームページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
の中のライブ情報のページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/live-s.html
に掲載しています。

ライブアルバム「宝石の作り方」配信開始記念絵はがき

北村正裕ライブアルバム「宝石の作り方」の配信開始を記念して配信ジャケット画像を使用した絵はがきを制作しました。ライブ会場等で無料配布する予定です。

hoseki-pc01pj
*クリックで拡大できます

1月20日の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52386882.html
にも書いた通り、ジャケット画像に使用した写真は、昨年(2015年)7月15日に、豊島区内で自分で撮影した目白通りの夕暮れの風景写真です。収録7曲中4曲の歌詞の中に「夕暮れ」または「夕焼け」という言葉がはいっていることもあり、この写真を使うことにしました。

また、このアルバムは、CDになり、「3月10日、全国発売」が決定しています。
CDは、現在、
タワーレコード
http://tower.jp/item/4207787/

HMV
http://www.hmv.co.jp/artist_95_000000000375365/item_B9_6923254

Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B01BOKTASM/
等で予約受付中です。

ライブ情報は、ホームページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
に掲載しています。

【16. 3.10追記】
3月14日(月)のライブ会場(池袋、鈴ん小屋)で、絵はがき無料配布する予定です。
14日の鈴ん小屋(りんごや)でのライブは、19:30開演。
北村正裕出演時間は 21:30~22:05 (出演4組中4番目)の予定です。
終演後、22:05~バータイムとなります。
予約方法等は、鈴ん小屋のサイト
http://www.ringoya.org/
の中の3月のスケジュールのページ
http://www.ringoya.org/schedule.php?py=2016&pm=3&pd=1
の中の14日(月)の項目をご参照ください。

ライブアルバム「宝石の作り方」配信発売

本日(1月20日)、北村正裕ライブアルバム「宝石の作り方」が配信発売となりました。2015年3月17日の、ライブハウス、鈴ん小屋(りんごや)でのライブ録音で、収録曲は、宝石の作り方/夕焼け雲/全然オッケー/乙女座の女の子/二人乗りの気球/また会おうね/猫と金魚(以上7曲、全曲、北村正裕作詞・作曲)、iTunes、Amazonデジタルミュージック、Google play music等で配信されています。アルバム価格は、Google play musicでは580円、iTunes、Amazonデジタル等、その他の配信ストアでは600円です。1曲ごとに購入すると割高になってしまうので、アルバム単位でのご購入をおすすめします。
音楽用ホームページ(北村正裕アート空間)
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
に情報掲載しています。

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/bao-shino-zuori-fang/id1071617466

Amazonデジタルミュージック
http://www.amazon.co.jp/dp/B01A2B0MG8/

レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1003672358/

等の配信ストアで購入できるほか、アップルやグーグルの定額配信サービスに加入されている方の場合は、ストリーミング配信で聴くこともできるはずです。

是非、聴いてみてください。

配信ジャケット画像の写真は、昨年(2015年)7月15日に、豊島区内で自分で撮影した目白通りの夕暮れの風景写真です。収録7曲中4曲の歌詞の中に「夕暮れ」または「夕焼け」という言葉がはいっていることもあり、この写真を使うことにしました。

hoseki-bp2

ライブハウス、鈴ん小屋に初出演(14.7.10)

ホームページのライブ情報のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/live.htm
と、ツイッター
https://twitter.com/masahirokitamra
でお知らせした通り、先日、7月10日(木)、池袋にあるライブハウス、鈴ん小屋(りんごや)にギター弾き語りで初出演しました。
このライブハウスは、未だ少数派のホール内禁煙のライブハウス(扉で隔てられた喫煙所あり)なので、それだけでも貴重ですが、靴を脱いであがるというお店で、ライブハウスとしては珍しいお店だと思います。音響なども良いようです。

このブログの4月の記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/52327464.html
で、「二人乗りの気球」(北村正裕作詞・作曲・歌)の音源発売について書きましたが、そのiTunes等での配信開始後、今回が初ライブでした。そして、その「二人乗りの気球」は、1980年10月に当時住んでいた木造アパートの小さな部屋で作った古い曲なのですが、当時の部屋は、現在のこのライブハウスがある場所から徒歩で10分もかからないところにあり、また、「二人乗りの気球」を東池袋のライブハウスで歌うのは今回が初めてなので、今回は、この歌の「里帰りライブ」でもありました。
今回、僕の持ち時間は30分だけだったので、多くの歌を歌うということはできませんでしたが、このライブハウスには、機会があったら、また、出演したいと思っています。

今回の僕のステージでの曲目は、
1 全然オッケー(北村正裕作詞・作曲)
2 レイナ(北村正裕作詞・作曲)
3 乙女座の女の子(北村正裕作詞・作曲)
4 二人乗りの気球(北村正裕作詞・作曲)
5 また会おうね(北村正裕作詞・作曲)
以上でした。

鈴ん小屋(りんごや)のウェブサイトは
http://www.ringoya.org/
鈴ん小屋の今月のスケジュールは
http://ringoya.org/schedule.php?py=2014&pm=7&pd=1
に掲載されています。

音楽配信ページリンクは音楽用HP(北村正裕アート空間)の中の
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/release-l.html
にあります。

masahirokitamura140710lb0015

「二人乗りの気球」のライブ音源と動画

音楽用HP(北村正裕アート空間)
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/
で、「二人乗りの気球」(北村正裕作詞・作曲)の2010年3月23日のライブの音源は公開していますが、新たに、映像(動画)も公開しました。
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/video.html
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/video01.html
PCによっては再生できます。これとは別に、2012年12月8日のライブの映像は、YouTube
http://www.youtube.com/channel/UCtsFGii6IOR0L_0sFGHmLYQ
で公開していて、こちらは、ほとんどのPC、タブレット、スマートフォンで再生できると思いますが、現在、YouTubeで公開している2012年12月8日のライブの映像は、歌詞を一部間違えて歌っているほか、音質にも難があることもあり、2010年3月23日のライブ映像を新たに公開しました。編集次第ではYouTubeでももっと音質のよい映像を公開できるのでしょうが、いまのところは、お手軽に見られるYouTubeと、少し音質のよいホームページでの音源公開と両方やっています。そして、それぞれ、別の日のライブ映像をアップロードしています。
今回ホームページで公開した「二人乗りの気球」の2010年3月23日のライブ映像を見ると、冒頭の部分に二重写しの効果がかかっていますが、これは、僕が編集したのではなく、ライブハウスKAKADOの録画スタッフの方がこのように撮影してくれたのです。こういう二重写しも、ちょっと、おもしろいと思います。
ライブ情報は、ホームページの中の「ライブ情報」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/live.htm
に掲載しています。

masahirokitamura1003230009

完全禁煙ライブハウスで弾き語りライブ(2012.12.8)

先月、2012年12月8日、完全禁煙のアコースティッックライブハウス、ライブハウス、Imix EKODA(アイミックスエコダ)に、自作曲のギター弾き語りで出演しました。ホール内の禁煙はもちろんですが、喫煙所なし、再入場不可なので、通路などでも有害なたばこの煙にさらされる心配がなく、安心して、快適に音楽が楽しめる環境でした。たばこの害が広く知られるようになってきている今では当然の環境だと思いますが、多くの飲食店やライブハウスで禁煙対策が遅れている現状を考えると、このライブハウスは模範的だと思います。

さて、当日の僕のステージの曲目ですが、
1 波の声がやさしすぎて(北村正裕作詞・作曲)
2 途切れた地図の街(北村正裕作詞・作曲)
3 夕焼け雲(北村正裕作詞・作曲)
4 君が教えてくれた道(北村正裕作詞・作曲)
5 乙女座の女の子(北村正裕作詞・作曲)
6 二人乗りの気球(北村正裕作詞・作曲)
7 また会おうね(北村正裕作詞・作曲)
以上でした。

このうち、ラスト3曲の映像を、YouTubeにアップロードして公開しましたので、現在、ネットで見られるようになっています。
http://www.youtube.com/channel/UCtsFGii6IOR0L_0sFGHmLYQ
からアクセスできますが、音楽用HPの中のページ
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/youtube.html
からもリンクをはってあります。
また、ツイッター
http://twitter.com/masahirokitamra
でも見られるようにしてあります。

masahirokitamura1212080007


再び、ライブハウス禁煙化について

当ブログでは、2010年10月3日に「ライブハウスを禁煙に!」という記事
http://masahirokitamura.dreamlog.jp/archives/51948876.html
を書き、そのさい、自分が出演する日は禁煙にしてもらっているということを書きましたが、もちろん、その他の日はどうなってもよいというわけではなく、まず、できることからはじめようという趣旨です。そこで、その後の状況のご報告のため、再び、禁煙化の問題について記しておきます。

実は、現在、2009年3月から出演させていただいているライブハウスからは、初出演前の1月10日に、僕の出演日の禁煙の約束だけでなく、「またいずれ最終的には完全禁煙にもっていければと考えております」とのメールをいただいていたのです。そして、僕は、他の音楽仲間やスタッフのためにも、また、禁煙日の告知もれを防ぐためにも、年中全面禁煙は不可欠と考えていますし、自分自身、自分の出演日以外のライブも聴きたいし、さらに、タバコの健康への悪影響についての報道も増えてきていて、そろそろ、禁煙化に対する理解も得られやすくなっているはずと考え、今年にはいってから、年中全面禁煙化を実行することを提案しているのですが、残念ながら、なかなか、お店の理解が得られず、苦労しています。

残念なことに、完全禁煙化をさける理由として、お店から先日送られてきたメールには、「ライブを楽しみにご来店いただくお客様、お煙草が苦手な方もいらっしゃると同時に、お煙草のお好きな方もいらっしゃいます。どちらの方にも、ライブを聴きながら観ながら楽しんでいただきたいからです」とあり、当初の期待に反して、タバコの健康への悪影響の問題が理解されていないことが判明し、理解を得るのに、まだ、時間がかかりそうな状況です。
禁煙化の問題は、単なる好き嫌いや得手不得手の問題ではなく、自分と仲間を、たばこの害から護るために不可欠なことです。単に「嫌いな人がいるから今日はたばこダメ」なのではなく、喫煙者とその仲間全員の健康のための禁煙が必要なのです。「吸いたいのならどうぞ」という態度は、優しい態度などではなく、仲間を見捨てる冷たい態度だと思います。
タバコ依存症の人がそれをひとりで克服するのはけっこう難しいらしいので、仲間の応援、そして、「禁煙外来」の利用なども意義があるのではないでしょうか。
製薬会社の武田薬品のウェブサイトの中の
http://takeda-kenko.jp/fun/daichosa/chosa09.html
のページに、こういったことも含めた禁煙に関する記事があります。
早速、こういった情報も、お店の担当者の方に提供し、意見交換を続けていくつもりですが、ライブハウスの運営に携わる方が、受動喫煙を含めたタバコの害についての情報を把握されていないというのが現状ですから、改善はスムーズにいくかどうかわかりません。
しかし、それでも、禁煙化のはたらきかけは、ある意味では、友情の印と心得て、ねばり強く意見交換していきたいと思っていますし、また、個人的に、仲間意識、友達意識のもてるミュージシャン仲間に喫煙する人に対しては、禁煙をすすめています。
今、この記事を読まれている方には、是非、ご理解を、そして、応援をいただきたいと思っています。
もちろん、タバコ依存症に限らず、病気の治療を拒否して亡くなくなられる方は少なくないわけで、それは、それぞれの人の価値観、人生観の問題ですから、しかたありませんが、タバコ依存症の場合、治さなければ、仲間と一緒に行動できなくなり、一緒に音楽を楽しむこともできなくなってしまうので、音楽仲間であり続けてほしい人には、禁煙をおすすめしているわけです。

ここで、今年にはいってからの、タバコの害と、それに対する行政の対応に関する朝日新聞の記事のうち、現在、ネットで読めるもののうちいくつかをあげておきます。

「喫煙、4割減を目標 厚労省案、がん対策の柱に」1月23日
http://www.asahi.com/national/update/0123/TKY201201220391.html

「たばこで死亡、年12万9千人 07年分、東大など分析」1月28日
http://www.asahi.com/science/update/0127/TKY201201270553.html

「受動喫煙削減へ数値目標設定 「飲食店で被害」15%へ」1月31日
http://www.asahi.com/health/news/TKY201201310468.html

「公共施設は分煙も不可 兵庫県が禁煙条例」3月19日
http://www.asahi.com/politics/update/0319/OSK201203190082.html

行政の対応は、かなり遅れていると思いますが、それでも、少しずつ動きが出ていますので、こういった情報を把握されていない方には、積極的にお知らせしていくのも、意味のあることだと思い、先日、こういう記事の情報も、ライブハウスに送っておきました。

ネット上には、すでに、こういった報道内容に関する記事も出ていて、たとえば、

「薬剤師kittenの雑記帳」というブログの1月28日の記事
http://tukutteha-mitamonono.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/129-2987.html

「Singer-Song-Lawyerとは私のことだ」というブログの3月22日の記事
http://ameblo.jp/tadatokobe/entry-11200799001.html

などに、関連記事があります。

また、

「Joe-Goの小部屋」というブログの2月8日の記事
http://blogs.dion.ne.jp/utautai/archives/10620469.html

には、以前、禁煙に挑戦したものの、ライブハウスでタバコをもらってしまって挫折し、最近、禁煙外来にも行って再び禁煙に挑戦開始したという人の記事があります。
応援してるよ~!

音楽・映像公開用HP(北村正裕アート空間)開設のお知らせ

これまでのホームページ(北村正裕のナンセンスの部屋)
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/
とは別に、自作曲の自作自演弾き語りライブの音源・映像配信用のホームページ(北村正裕アート空間)を、本日、2011年5月1日、開設しました。新HPの
URLは、
http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ です。


音源公開のページは、 http://masahirokitamura.art.coocan.jp/art.html
映像公開のページは、 http://masahirokitamura.art.coocan.jp/vodeo.html です。

また、
北村正裕著『完本 エヴァンゲリオン解読』(2010年、静山社文庫)の紹介ページ http://masahirokitamura.art.coocan.jp/evangelion.html 
などもあります。

新HP開設にともない、従来のホームページで公開していた音源を、新HP「アート空間」でも配信しています。また、新たに、2010年12月14日のライブ映像から、「全然オッケー」の映像を新HP「アート空間」で公開しました。
新HPは、まだ、本日開設したばかりで、現在、試運転&作業中です。特に、映像ファイルの扱いに全く不慣れなので、かなり、見苦しいページになってしまっているかもしれません。お気づきの点について、教えていただけるとうれしいです。

09/07/16弾き語りライブ演奏曲目など

7月16日(木)の、ライブハウス、御茶ノ水 KAKADO(カカドゥ)でのギター弾き語りライブにご来場いただいたみなさま、また、応援していただいたみなさま、どうもありがとうございました。

当日の演奏曲目は、すでに、HPの弾き語りライブ情報のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/live.htm
に掲載しましたが、あらためて、ここにも記しておきます。

09年7月16日ライブでの演奏曲目

1 真夜中の旅立ち(北村正裕作詞・作曲)
2 恋をあげよう(北村正裕作詞・作曲)
3 約束(北村正裕作詞・作曲)
4 二人乗りの気球(北村正裕作詞・作曲)
5 夏色のおもいで(松本隆作詞・財津和夫作曲)
6 夕焼け雲(北村正裕作詞・作曲)
7 宝石の作り方(北村正裕作詞・作曲)
8 ありがとう(北村正裕作詞・作曲)
9 つみきのいえ(北村正裕作詞・作曲)
以上でした。

「夏色のおもいで」だけは、カバー演奏でしたが、これは、ロックバンド、チューリップのナンバーで、CDでは、たとえば、「チューリップ? 心の旅★青春の影」(東芝EMI)などに収録されています。

fd919510.jpg


cfc30900.jpg


次回のライブについては未定ですが、また、いつか、やりたいと思っています。そのときには、また、HPの弾き語りライブ情報のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/live.htm
に情報掲載する予定です。

それから、先日、ライブの情報をこのブログに掲載したさいに合わせて情報掲載しました、オペラ喫茶というカンパニーによる安房直子原作の音楽劇「青い糸」の観劇レポートは、HPのバレエ・オペラコーナーのオペラ喫茶「青い糸」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/aoiito.htm
に掲載しています。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: