北村正裕BLOG

【北村正裕のナンセンスダイアリー】童話作家&シンガーソングライター、北村正裕のブログです。 執筆情報用ホームページ(童話作家・北村正裕のナンセンスの部屋) http://masahirokitamura.my.coocan.jp/ と、音楽情報用HP(北村正裕アート空間) http://masahirokitamura.art.coocan.jp/ もよろしく。 ツイッターアカウントは「@masahirokitamra」です。

魂のルフラン

「REBIRTH」復活、「DEATH」は初ソフト化!~「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」8月発売へ~

「新世紀エヴァンゲリオンBlu-ray BOX」、2015年8月26日発売予定との告知が、2月2日に、エヴァンゲリオン公式サイトの「新世紀エヴァンゲリオン」のページ
http://www.evangelion.co.jp/ng.html
に掲載されました。
修正前の「DEATH」の初ソフト化、そして、2003年版のDVDには収録されなかった「REBIRTH」も高画質で復活!
『エヴァンゲリオン解読』(北村正裕著、第1版は2001年)の2007年新版p.183と2010年静山社文庫版p.243には、「資料に関する補足(2007年)」として、「『魂のルフラン』の流れる劇場版ソフトを入手したいという場合には、1999年に発売された古い劇場版DVDか、2000年に限定発売された『セカンドインパクトボックス』の下巻を探さなければならない」と書いてありますが、『魂のルフラン』の流れる「REBIRTH」は、2015年8月発売のブルーレイボックスに収録されると発表されたので、今後は、このブルーレイボックスをおすすめしないといけませんね。
97年春の映画「シト新生」の前半部にあたる「DEATH」は、これまで、修正された「TRUE2」ヴァージョンのみソフト発売されていましたが、2015年発売のブルーレイボックスで初めて、修正前のヴァージョンが収録されるとのことで、HDリマスターによる画質向上とともに、注目点です

以下、公式ページの告知に沿って、概要を見てみましょう。

『新世紀エヴァンゲリオン』TVシリーズ全26話+ビデオフォーマット版4話(第弐拾壱話~第弐拾四話)
*95~96年に放送されたTVシリーズ全26話中第弐拾壱話から第弐拾四話までの4話については、99年のDVD発売時に、かなり大きな修正が加えられていて、それが、ビデオフォーマット版と呼ばれています。今回、この4話については、オンエアヴァージョンとビデオヴァージョンの両方が収録されるとのことですが、この点は、2003年版のDVDと同じですね。TVシリーズの内容を受けての完結編が、映画「THE END OF EVANGELION」ですので、まずは、TVシリーズを見ないと、劇場版はわけがわからなくなりますよ~!
オーピニングテーマに続き、「時に、西暦2015年」という黒地に白のテロップで第壱話が始まるTVシリーズ!

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』EVANGELION: DEATH & REBIRTH
「DEATH」(初ソフト化)+「REBIRTH」
*97年春の映画。「DEATH」は、テレビシリーズの回想のような内容ですが、99年のDVD発売時には、「TRUE2」という修正されたヴァージョンが収録され、修正前のヴァージョンのソフト化は、今回が初めてということになります。、また、「REBIRTH」は、完結編の予告のような内容で、このラストで、挿入歌「魂のルフラン」が流れますが、2003年発売の「リニューアル版DVDでは、この「REBIRTH」が収録されていませんでしたので、今回、久々の復活、しかも、今回は、他の映像同様、HDリマスター。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』 THE END OF EVANGELION
*97年夏に公開された完結編の映画。アニメ史上の最高傑作とも言えそうな作品だと思います。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に』 REVIVAL OF EVANGELION
*98年に、97年の「シト新生」の「DEATH」の修正版と「 THE END OF EVANGELION」をつなげて上映された映画。

というわけで、「新世紀エヴァンゲリオン」の完全版と言えそうな内容です。

HPの「エヴァンゲリオンの基礎知識」のページ
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva-g.htm
等にも、以前、書いたことですが、映画「シト新生」は、「TVシリーズの総集編」と言われることがあるものの、いわゆるダイジェスト版ではなく、あくまで、TVシリーズ(少なくとも第弐拾四話まで)を見た人が見ることを前提に作られているもので、それゆえ、、僕は、『エヴァンゲリオン解読』などの中で、「シト新生」の「DEATH編」については、「テレビ版の回想」という表現を使っています。ダイジェスト版という意味での総集編だと勘違いして、TVシリーズを見ずに「DEATH」等の劇場版を見ても、何が何だかわからないはずなので、今回のブルーレイ発売を機に初めて「新世紀エヴァンゲリオン」を見ようという方は、見る順番にご注意を。

「DEATH」については、たとえば、
「cles::blog」の14年12月1日の記事
http://blog.cles.jp/item/7235
には、
「映画館に行ってこれほど
意味がわからないと思ったことはないという、衝撃だけが残った作品」と書かれていますが、97年の公開当時、TVシリーズを見ていなかった人は、当然、こういうことになったでしょう。

それから、今回のブルーレイボックスの価格ですが、店によって予約価格に差があり、それも、変動しているので、ご注意を。たとえば、
「Explore」というブログの2月2日の記事
http://blog.goo.ne.jp/explore10011230/e/a911cda4683df67bdbf1c05278c77c80
には、アマゾンでの価格について「\41,040」と書かれていますが、その後、アマゾンは、予約価格を引き下げています。

〔HPのエヴァンゲリオンコーナー〕
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva.htm

〔ツイッターの関連ツイート〕
https://twitter.com/masahirokitamra/status/562084318084726785

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』劇場版(映画)と『魂のルフラン』

先日の記事
http://blog.drecom.jp/masahirokitamura/archive/20
に書いた通り、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビ放映10周年を記念しての制作会社GAINAXによる特別企画が続いていますが、Yahoo! BBによる動画配信も始まったようです。ところが、一部のみ無料配信にしたため、当然のように、その部分だけを見て、「わけわかんない!」と困惑している人もいるようで、つい先日、無料配信された劇場版DEATH編を見たという知人も、そんなひとりだったようです。
 もともと、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(ガイナックス企画、庵野秀明監督)は、1995年10月から半年間テレビで放映されたものの、その「最終話」でも物語は完結せず、その後、1997年春に公開された映画「シト新生(DEATH&REBIRTH)」(テレビ版の回想と完結編映画の予告的内容)を経て、1997年夏に、テレビ版の最終二話(「第弐拾五話」と「最終話」)をリメイクした形で(つまり、テレビ版の第弐拾四話に続く形で)、映画「THE END OF EVANGELION(Air/まごころを、君に)」が公開されて、ようやく完結したという経緯があります。問題の劇場版DEATH編というのは、映画「シト新生(DEATH&REBIRTH)」の前半部分で、テレビ版の回想であり、テレビ版の第壱話から第弐拾四話までが頭にはいっていなければ、わけわかんないのは当然です。「総集編」という言葉が使われていることが多いですが、これを見ればテレビ版のあらすじがわかるというような作りにはなっていません。ですから、僕は、自分の著書『エヴァンゲリオン解読』(2001年)では、これを「総集編」とは呼ばず、「回想」と呼んでいます。アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のストーリーを概観したければ、むしろ、劇場版DEATH編を省略して、テレビ版の第壱話から第弐拾四話までを見た後、劇場版の「Air/まごころを、君に」へ進めば、これで、ストーリーが完結します。テレビ版の最終2話も省略可能です。また、2003年に発売されたリニューアル版のビデオソフト(DVD)には、第弐拾壱話から第弐拾四話までについては、修正されたビデオヴァージョン(リテイク版)と、テレビ放映時の旧ヴァージョンの両方が収録されていますが、これについては、リテイク版(ビデオフォーマット版)を見れば、完成された形が見られます。しかし、これ以上の省略をすると、わけわからなくなるはずです。
 ところで、「シト新生(DEATH&REBIRTH)」)」の「REBIRTH編」は、内容的には、「THE END OF EVANGELION(Air/まごころを、君に)」の前半の「Air」に含まれており、したがって、「DEATH編」(の改訂版であるTRUE2ヴァージョン)と「Air/まごころを、君に」をつなげれば、一応、劇場版の完全版ということになり、実際、98年春には、この形で「REVIVAL OF EVANGELION」というタイトルで文字通りリバイバル上映され、2003年に発売されたリニューアル版の劇場版DVDもこの形になっています。しかし、この形のビデオソフトも、音楽的には、完全版とは言えません。というのは、もともとの映画「シト新生(DEATH&REBIRTH)」では、ラストに、挿入歌「魂のルフラン」が流れるのですが、「REVIVAL OF EVANGELION」の形では、これが流れないからです。というわけで、かつてのヒット曲「魂のルフラン」の流れる劇場版ソフトを入手したいという場合には、99年に発売された古い劇場版DVDをさがさなければなりません。これなら、「魂のルフラン」も流れます。しかし、この古いDVDは、画質は、あまりよくありません。
 というわけで、いろいろ、ややこしいですが、これから『エヴァンゲリオン』を見ようという方のご参考になればさいわいです。

〔関連ブログ記事〕
「NEWTYPE×エヴァンゲリオン公式ブログ」の2006年3月3日の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/newtype_eva10th/313810.html?p=2&t=2
「アニメ!アニメ!ニュース」の2006年3月3日の記事
http://animeanime.jp/news/archives/2006/03/_1033.html

〔HPの新世紀エヴァンゲリオンコーナー〕
http://homepage3.nifty.com/masahirokitamura/eva.htm
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: